2012年01月17日

スケールダウンしているけれど


猿人ジョー・ヤング 原題:MIGHTY JOE YOUNG
製作1949年 アメリカ 
監督:アーネスト・B・シュードサック
脚本:ルース・ローズ
出演:テリー・ムーア、ベン・ジョンソン


レイ・ハリーハウゼンの初仕事の作品という事で鑑賞。
「キング・コング」みたいな巨猿ものを
勝手に思い浮かべていたら違いました。
特撮は・・・さすがです!



(あらすじ)
ナイトクラブの経営者オハラは新しいショーのために
獲物を捕らえにアフリカへと行くが
巨大なゴリラに襲われ、危ないところを
美しい女性ジルに助けられる。
ゴリラはジョーと名付けられジルの命令をよくきいた。
オハラはジルとジョーをアメリカに連れ帰り
ショーは大人気のロングランとなるが・・・・・。


1933年の『キング・コング』へのオマージュというか
夢よ再び・・・という感じで製作陣を再結集して
作ったそうで、なんとなくキング・コングに似ています。
ただ、ジョーの大きさは3mぐらいでしょうか。
ふつうのゴリラよりちょっと大きいぐらいでした。
そして猿の大きさだけでなく、お話のスケールも
ややダウンしています^^;

『キング・コング』の特撮を手がけたハリーハウゼンの
師匠でもあるウィリス・H・オブライエンも
本作に関わっています。
ゴリラの動きはとっても滑らかで
ストップモーションアニメとは思えないほどです。
時々ピアノ線が見えるのはご愛嬌って事で。笑


こういう映画をみていつも思うのは
人間のエゴというか、利己的で欲深い面です。
はたしてジルとジョーは友情でつながっていたのでしょうか?
自分のエゴではるか遠い国へジョーを連れて行き
あれこれ命令するだけのジルはジョーを
奴隷のように扱っているようにしか見えませんでした。

ジル以外の人間も利己的で
いざ、自分たちの手に負えなくなってしまったら
「殺してしまえ!」なんてひどすぎます。

とってつけたようなハッピーエンドも
嫌いではないですが(笑)、
特撮以外はあまりみどころのない映画でした。


posted by マミイ at 11:35| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

懐かしいですねぇ…一度どこかで見た記憶はあるんですけど全然覚えていません。

ハリーハウゼン関連は観てレビューしておきたいなぁ。
当時のぎくしゃくしている特撮は味があっていいですねぇ。(^^)
Posted by 白くじら at 2012年01月19日 00:07
白くじらさん、おはようございます。

ハリーハウゼンの名前を聞かなかったら
スルーしていたと思います。
お話もキングコングの縮小版といった感じです^^;

今の本物と見間違えるようなCGはすごいですが、
この頃の特撮のような味わいは
コンピューターの計算では出せないですよね。
Posted by マミイ at 2012年01月19日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。