2012年01月15日

明るくめげない少女


テンプルちゃんの小公女 原題:THE LITTLE PRINCESS
製作1939年 アメリカ 監督:ウォルター・ラング
原作:フランシス・ホジソン・バーネット
脚本:エセル・ヒル、ウォルター・フェリス
出演:シャーリー・テンプル、リチャード・グリーン、
アニタ・ルイーズ


昨日「ガリバー旅行記」を観たので
今日は「小公女」を観る事にしました。
小学生の頃は「小公女」と「若草物語」と
「あしながおじさん」は好きでよく読んでいました。

(あらすじ)
アフリカの戦争に行くためにクルー大佐は
愛娘のセーラをミンチン先生の寄宿学校に預ける。
最初は優しくしてくれたミンチン先生であったが
大佐が戦死し破産したという知らせを受けると
セーラを屋根裏の薄暗い部屋に移し
使用人として働かせるが・・・・・・。


とにかく、テンプルちゃんがカワイイです!
冒頭のお父さんとの別れのシーンから
すでに感情移入して思わず泣きそうになってしまいました。
明るくて健気で聡明で・・・とっても良い子なのです!

80分で終わるので、ハウスの名作アニメを見ていた私には
やや駆け足な印象はありました。
いじめっ子ラビニアの出番も少ないし、
ベッキーとのエピソードも少しだけ。
ローズ先生とジェフリーの恋も途中はどうだったのか
気になるところだし、お隣さんとの関係も
やや中途半端な印象で、原作を読みたくなりました。

でも、それを補って余りあるのが
テンプルちゃんの魅力です。
彼女の笑顔や軽やかなステップで魅せてくれるダンスなど
それは原作では味わえない部分だと思います。


子供向けにカットされていない原作を
読んでみたくなりました。



posted by マミイ at 20:08| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆
マミイさんの記事を読ませてもらったら、私もアップしたくなったので、今、記事を上げました。
TBさせて頂きました☆ 宜しくお願いします。

>でも、それを補って余りあるのが
>テンプルちゃんの魅力です。
>彼女の笑顔や軽やかなステップで魅せてくれるダンスなど
>それは原作では味わえない部分だと思います。

仰るとおりですよね〜。
これは原作とは別の、映画会社がこころこめて、彼女のためにも、鑑賞者のためにも作った作品ですね〜。

子供向けではない原作、読まれたらご感想を聞かせて下さいね〜♪
Posted by miri at 2012年01月15日 22:19
お姉ちゃんの冬休みの英語の宿題が、「英語の映画を原語でみて、レビューを書く」という課題だったそうです。
これを選べば良かったのに、と思いました。
でも、子供が選んだのは「トロン」え〜って感じですが、あまり難しい英語でも...なんて考えてたので、これなら、色んな意味で良さそうです。
今日から学校でしたが。

昨日コメントしたんですが、反映されてなかったみたい。( ;∀;)
Posted by かえるまま at 2012年01月16日 07:35
miriさん、おはようございます。
トラックバックありがとうございます。
後ほど読ませていただきますね!

私はシャーリー・テンプルちゃんの映画を観たのは
初めてなのですが、彼女の愛らしさにひきこまれました。
演技が素晴らしいし、ダンスも上手でした。

>映画会社がこころこめて、彼女のためにも、鑑賞者のためにも作った作品ですね〜。
お話自体はダイジェストのように駆け足でしたが
短い時間の中で最大限にテンプルちゃんの
魅力をひきだしていて、とってもいい作品に
しあがっていたと思います。
Posted by マミイ at 2012年01月16日 09:25
かえるままさん、おはようございます。

>「英語の映画を原語でみて、レビューを書く」という課題
すごく素敵な宿題ですね。
これだったら、がんばってできそう!
親としてはこういうの観てほしいですけど
アクションだったら、多少意味が分からなくても
なんとなくわかるからお姉ちゃんのチョイスはなかなか鋭い!
私は中学生の頃、「ロボコップ」を映画館に観に行って
メガネを忘れて行ったので、字幕が全然見えなかったのですが
言葉は何を言ってるか全然分からなかったですが^^;
それでも楽しかったですもん。

ありゃりゃ、コメント反映されていませんでしたか!?
お手間をとらせてしまい、申し訳ありませ〜ん(>_<)
コメントしてくださってありがとうございました!
Posted by マミイ at 2012年01月16日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2−292 テンプルちゃんの小公女
Excerpt: 映画鑑賞の記録2 THE LITTLE PRINCESS (テンプルちゃんの小公女) 1939年・アメリカ 2009年5月下旬 買ったDVD 監督 ..
Weblog: 映画鑑賞の記録
Tracked: 2012-01-15 22:14

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。