2011年10月10日

GO WEST!ひたすら西へ


ザ・ウォーカー 原題:THE BOOK OF ELI
製作2010年 アメリカ
監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ
脚本:ゲイリー・ウィッタ
出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン
ミラ・クニス


この映画はなんで観ようと思ったのか、
忘れてしまいました。
2009年製作の『サブウェイ123 激突』で
立派な中年男性の体格になっていたデンゼルが
しっかりと締まったボディになっていたので
ビックリ&私も頑張ってカラダを引き締めようと
思いました。

(あらすじ)
荒廃した世界でひたすら西に向かい
ある本を守り続ける男イーライ。
偶然立ち寄った村を牛耳る男カーネギーは
自分が探し求めていた本を
イーライが持っている事を知り・・・・。


荒廃した世界の色遣いなどかっこいいです。
(とはいえ、そこで暮らすのはかなりシビアですけど。)
『マッドマックス』とかあんな感じです。
敵を倒すアクションも影のようで
とってもスタイリッシュでした。

途中までは割と興味深く観れたのですが、
イーライが本を運ぶ目的、
カーネギーが本を探し求める目的が
今一つ理解できませんでした。
本というのはただの記録媒体であって
大切なものは記憶に残るのでは、と思うのです。

例え本を焼かれてしまったとしても
大切なことは口伝えで残っていくのでは
ないのかなぁと思ってしまいました。
(最終的には私が考えてる事と
大きく違いはないように感じましたが。)

宗教的な考えが大きく関連しているので
受け入れやすさは人によって違うかも。
ところで、仏教には「西方浄土」があるけれど、
アメリカも西に行くことに意味があるんですかね。
「Go West」なんて歌もありますし。
・・・と思ってウィキってみたら
西部開拓を呼びかける論説にちなんでいるそうです。


posted by マミイ at 22:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。