2011年10月09日

子犬 時々 狂犬


ダニー・ザ・ドッグ 原題:DANNY THE DOG
製作2005年 フランス・アメリカ 監督:ルイ・レテリエ
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、
ボブ・ホスキンス


以前に観た時は実はそれほど
おもしろく感じなかったんですが、(笑)
ジェット・リーが出ているので再見しました。

(あらすじ)
ダニーは高利貸しバートにより殺人マシーンとして
調教され、首輪を外す合図で平気で人を痛めつけていた。
ある日バートの元を逃げ出したダニーは
盲目のピアノ調律師サムに保護され
普通の人間として接してもらい・・・・・。


ジェット・リーが・・・・・カワイイ!
純粋無垢な子犬のようでした。
アジア人って若く見えるとはいえ
何歳設定だったのかしら。

首輪を外すと殺人スイッチが入って
狂犬になってしまうのは
原作:小池一夫、作画:池上遼一の
「クライングフリーマン」を思い出しました。
(もちろん、フリーマンは首輪関係ないですけど。)

「感情がないのではなく、知らないだけ・・・」
という言葉は綾波レイを演じるヒントとして
庵野監督が林原めぐみさんに言ったものなのですが、
まさにダニーもそんな感じでした。
サムと出会い、人としての感情を知る・・・
そんな心温まるお話でした。

とまあ、ストーリーはどこかで聞いたことのあるような
ものばかりなのですが、まあリュック・ベッソン製作で
脚本だからこんなものでしょう!?


とりあえず、「クライング・フリーマン」が
無性に読みたくなりました。
でも実家にあるんですよねぇ・・・。悲
アニメ化もされてるんでレンタルしちゃおうかな。


もしくは、日仏合作の実写版!?




posted by マミイ at 01:54| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子犬みたいでしたね〜(笑)
内容はまあマンガっぽい感じでしたが、なんとなく印象に残ってます。やっぱり彼の純粋無垢な眼差しのせいでしょうか。
「クライングフリーマン」はまったく知らなかったです。とりあえず画像検索かけたら、リアルなイラストが出てきました。半裸ばっかり(笑)
彼も戦わされているんでしょうか?
Posted by 宵乃 at 2011年10月09日 11:51
宵乃さん、こんにちは。

ジェット・リーは子犬系ですよね。笑
『少林寺』の頃から笑顔は変わっていないような気がします。

「クライング・フリーマン」を検索されましたか。
熱〜〜〜い男の世界だったでしょう?笑
初めて読んだのは中学生の頃でしたが、
池上遼一の描く男の世界が好きです。

「クライング・フリーマン」の主人公は
初めは催眠術か何かで殺人の指令に従い
任務遂行後は涙を流すので
「Crying」ってあだ名がついたはずです。
途中からは組織のボスになっちゃうのですが
最初は無理やり戦わされていたと思います。
(最近読んでいないので、記憶が曖昧ですみません。)
Posted by マミイ at 2011年10月09日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。