2011年09月29日

抜群の空気感と生々しさ


空気人形
製作2009年 日本 監督:是枝裕和
原作:業田良家
脚本:業田良家
出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路


前々からちょっぴり気になっていた作品です。
どんな話なのか想像できなかったのですが、
結構生々しくってビックリしました。

(あらすじ)
ある日、性欲処理の空気人形が心を持つ。
彼女が初めて見た外の世界は不思議でいっぱい。
そして、レンタルビデオ屋の男性に一目ぼれし
そこで働くことになるが・・・・・。


ペ・ドゥナは前評判通り、本当にお人形さん
・・・・・というか、空気人形のようでした。
肌の質感だけでなく、少したどたどしい喋り方も
人形っぽかったです。
初めて見るものに驚きと感動を隠せない空気人形。
まさに「びっくりまなこ」と言った感じの
大きなおめめが印象的でした。

心があるから感動できるのだけれど、
心があるから傷ついてしまうのですね。
人形がキラキラしているのに対して
人間の生きていくことの汚さ、つらさなどは
とっても生々しかったです。

冒頭の空気人形としての「お勤め」を
果たしているところ、
風呂場で処理してるとこなどは生々しすぎて
じゃっかんひいてしまいました。
本当に見るのも嫌でした。

結局何が言いたかったのかよくわかりませんでした。
私が思うこの映画のクライマックスは
空気人形の空気が抜けてしまうとこですね。
(今、監督のインタビューを読んだら
やっぱりここが一番描きたかったみたいです。)
残念ながら、ここ以降のストーリーは失速してしまいます。
企画ありきの代物で
伝えたい事なんてなかったのかなぁ・・・・。


同じラブドールものとしては
(そんなジャンルがあるのか!?笑)
『ラースと、その彼女』の方が
あたたか〜いお話で好きです。


posted by マミイ at 04:19| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マミイさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

是枝監督の他の作品は見ていませんが
「空気人形」に限っては
”ペ・ドゥナが演じる空気人形”ってコンセプトが前に出てる気がしました

確か「セカチュー」の監督も
ペ・ドゥナ主演で映画が撮りたいって言ってました。韓流に興味無さそうな男性からも人気があるみたいで、日本男児受けするのかな。

Posted by バーンズ at 2011年09月30日 13:16
バーンズさん、こんにちは。

ペ・ドゥナでなければ、
ここまで清らかな空気人形には
なりえなかったような気がします。

私は是枝監督作品もペ・ドゥナの他の出演作も
観たことがないですが、
彼女を撮ってみたくなる気持ちは
わかるような気がします。

バーンズさんの記事で
ペ・ドゥナのハリウッド進出を知りました。
遅まきながら、これから彼女の他の作品作を
観てみたいと思います。
Posted by マミイ at 2011年10月02日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

空気人形
Excerpt: 空気人形 / AIR DOLL 2009年 日本映画 監督・脚本・編集:是枝裕和 製作:川城和実 重延浩 久松猛朗 豊島雅郎 原作:業田良家 撮影:リー・ピ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2011-09-30 13:01

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。