2011年09月23日

一粒で二度おいしい!?

黒いチューリップ 原題:LA TULIPE NOIRE
製作1963年 フランス・イタリア・スペイン
監督:クリスチャン・ジャック
脚本:アンリ・ジャンソン、クリスチャン・ジャック
出演:アラン・ドロン、ヴィルナ・リージ


オリジナルの『花咲ける騎士道』と同じ監督さんで
チューリップつながりなので!?
観てみる事にしました。

(あらすじ)
フランス革命直前の不穏な世の中で、ギョーム侯爵は
怪盗黒いチューリップとなり貴族から金品を奪っていた。
憲兵隊長により顔に傷をつけられ、正体がばれそうに
なったギョームは双子の弟ジュリアンを呼びつけて
身代わりを頼むが・・・・・。


硬派なアラン・ドロンと少し女々しいアラン・ドロン、
タイプの違うアラン・ドロンが同時に楽しめるので
ファンにはいいかもしれません。
(私は硬派なアラン・ドロンが好き♪)

直前に『花咲ける騎士道』を観てしまったので
どうしても比較してしまうのですが、
ジェラール・フィリップとアラン・ドロンの
キャラクターの違いなのでしょうか、
時代の違いなのでしょうか・・・・・
本作の方がやや暗めでした。

ラストの締め方も驚きでした。
ギョームが黒いチューリップとなったわけも
よくわからなかったですし、
一応ハッピーエンドで終わったはずなのに
ジュリアン、君はそれでいいのかい!と
一人悶々としてしまいました。


映画の内容とは関係がないですが、
goo映画のあらすじが全然違っていてビックリしました。

あと、どうでもいいですが「黒いチューリップ」というと
私は東城和実さんの漫画を思い出します。
とはいえ、内容を全く覚えてないですが^^;




posted by マミイ at 01:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。