2011年09月18日

愛に正解はない


抱擁のかけら 原題:LOS ABRAZOS ROTOS
製作2009年 スペイン 監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、
ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス


ちょっぴり退屈で一度観るのを止めてしまったのですが
次回のブログDEロードショーが偶然にも
ペドロ・アルモドバル監督作品であったため、
本作もきちんと観てみる事にしました。
(私の好きなペネロペ・クルスも出ているし。)

(あらすじ)
マテオ・ブランコは事故で視力を失い、今は
ハリー・ケインと名乗り、脚本家として活躍していた。
ある日ライXという若者がハリーの前に現れ、
14年前に封印したはずの記憶がよみがえる・・・・。


現代と14年前の時間を行ったり来たりしたり、
登場人物の説明がほとんどないので
少しとまどってしまうかもしれません。
(というか、最後の最後でこの二人って
そういう関係だったのかって気づいた事がありました。
あいかわらず、私はニブいです。汗)

お話は、美しいペネロペ・クルスに二人の男性が
惚れてしまう・・・・というもの。
いつ見ても、彼女はステキです。
ゲイであるアルモドバル監督が何度も彼女を起用するのは
やはり彼女が魅力的だからですよね。

愛しているから、嫉妬し独占しようと縛りつける。
逆にその人のしたいようにさせてあげたいと思うのも
愛しているがゆえ・・・・・
愛に正解はありませんね。

間違っているとわかっていても
突き進まずにはいられないのも愛なのです。

つらい過去から逃げ出してしまった時、
もう一度やり直すことはできないけれど、
ある程度時間が経てば
別の方法で幸せになる事は可能なのです。
・・・・・と思わせてくれる映画でした。
時は人を癒してくれる最良の薬なのかもしれません。

最後まで観る事ができてよかったなぁと思いました。
ブログDEロードショーにアルモドバル監督を
選んでくださったなるはさんに感謝!なのです。


posted by マミイ at 16:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。