2011年08月18日

無駄な出会いなんてない

Jirachi.jpg
劇場版ポケットモンスター 七夜の願星ジラーチ
製作2003年 日本 監督:湯山邦彦
脚本:園田英樹
声の出演:松本梨香、山寺宏一


ポケモン映画第6弾です。
アドバンスジェネレーションになってからは初。
旅の同行者がカスミちゃんからハルカ、マサト姉弟に
バトンタッチしています。

(あらすじ)
ポケモンマスターを目指して旅を続けるサトシたち。
マサトは1000年に一度、七日間だけ目覚めるという
ジラーチの声が聞こえ、心を通わせるが・・・・・。


マサト君は7歳なのでポケモントレーナーにはなれません。
(トレーナーになるのは10歳からという設定です。)
アニメ版ではちょっぴり小生意気なお子ちゃまなのですが
今回は純粋でとってもいい子でした。
ジラーチがマサト君を選んだのも
何となくわかる気がします。

ジラーチの故郷であるファウンスは中国の武陵源がモデルです。
ロケット団が気球の中でカップラーメンを食べていました。
(カップラーメンは日本が発祥ですけどね。)
世界遺産にも登録されており、
森の中に石の柱が立ち並ぶ雄大な場所です。

今回は舞台が森だからか、敵ポケモンからして
なんとなく『もののけ姫』を思い起こしました。
触手?が出てとりこまれる様なんてまさに・・・ですよね。


別れる事が最初っからわかっていたとしても、
出会ったことを後悔してほしくないです。
一緒にいたのは一瞬かも知れなくても
想い出は永遠に残るから・・・・・・。

わかっていたけれど、ジラーチとマサトのお別れの場面は
涙が止まりませんでした。
エンディングの『小さきもの』がまた泣かせてくれるのです。

posted by マミイ at 12:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220969740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。