2011年07月11日

バニラ色の空の下で


バニラ・スカイ 原題:VANILLA SKY
製作2001年 アメリカ 監督:キャメロン・クロウ
脚本:キャメロン・クロウ
出演:トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、
キャメロン・ディアス、カート・ラッセル


スペイン映画『オープン・ユア・アイズ』の
ハリウッド・リメイクです。
トム・クルーズがほれこんで製作・主演をしたらしいですが
多くの人が言ってるように、ペネロペ・クルスに
惚れこんだという見方で正解のような気がします!?

(あらすじ)
大手出版社の社長であり、ハンサムで人生を謳歌していた
デビッド・エイムスはある日ソフィアという女性と
運命の出会いをする。
しかし、彼に想いを寄せる女性ジュリーの運転する車で
大事故にあい、一命を取り留めたものの
顔に大けがを負ってしまう・・・・・。


不思議系の映画です。
確か公開当時は宣伝のチラシに「謎を解くためのヒント」
みたいなのが書いてあったような気がします。
『マルホランド・ドライブ』と違い、ラストに
バタバタっと種明かしがある親切設計の映画です!?
まあ、それが良いか悪いかは別としてね・・・・・。

今回二回目の鑑賞だったのですが、
実は豪華キャストだったんだなぁ・・・。
といっても、ティモシー・スポールとか
ティルダ・スウィントンとか、ノア・テイラーとか。
密かにティモシー・スポール好きなんです。
あと私はティルダ・スウィントンとケイト・ブランシェットと
グウィネス・パルトロウの区別がいまだにつきません。
いや、皆さん好きなんですけど・・・・・。汗

ノア・テイラーはどっかで観たことあるぞって
ずっと思っていたのですが、後で調べてみたら
『チャーリーとチョコレート工場』のお父さんだったんで
やっとこさ納得できました。
『チャリチョコ』は子供たちと何十回も観てるので。


監督自身が映画好き、音楽好きなのはわかるのですが
なんか、私はこの人の「僕ってオシャレでしょ」感が
鼻についてしまうのです。
監督の自伝的映画『あの頃ペニー・レインと』も
ダメだったんです、私。
ファンの方ごめんなさい・・・・・。

とはいえ、バニラ色の空はキレイでした。
前にも観たことがありますが、その時は
空がこんなにキレイだとは感じませんでした。
(実はここ、結構重要だったりするんですが、
二回目の鑑賞だから気づけたことです。)


オリジナルの『オープン・ユア・アイズ』が観たいです。
前に観たことはあるのですが、まだ記事にしていないので。
本当の事言うと、私はトム・クルーズより
エドゥアルド・ノリエガの方が好きなんです。



posted by マミイ at 22:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。