2011年07月07日

執拗に追われる恐怖


恐怖の岬 原題:CAPE FEAR
製作1962年 アメリカ 監督:J・リー・トンプソン
原作:ジョン・D・マクドナルド
脚本:ジェームズ・R・ウェッブ
出演:グレゴリー・ペック、ロバート・ミッチャム


リメイク版はむか〜しにチラ見した事があります。
オリジナル版は初めてですが、だいたいの筋が
わかっているはずなのにドキドキしながら観ました。




(あらすじ)
弁護士のサムは妻と一人娘ナンシーと幸せに暮らしていた。
ある日マックスという男がサムの元へとやってくる。
マックスはサムの証言により投獄されており、
そのことを根に持っていた・・・・・・・。


法律っていうのは弱い人を護るためだけに
存在するものではないなぁ・・・とつくづく思いました。

法律は知っている方が圧倒的に有利です。
今回は悪人であるマックスが法律を逆手に・・・というか
罪に問われない方法でサム一家を追いつめていくのが
怖かったです。
こういう時って警察って残念ながら無力なんですよね。

こんな悪人に睨まれてしまったら、
どうやって対抗していったらいいんでしょうね?
しかも妻や娘を守っていかないといけない・・・・・
考えさせられる作品でした。


posted by マミイ at 12:39| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
実はこの作品、以前記事にしたんですが、内容をほとんど忘れてしまって・・・。犯人の執念深さに怖くなった覚えがあります。
犯罪者って、刑務所で法律を学んだり、他の犯罪の手口を学んだりしちゃうんですよね。怖い怖い!

ところで、今日から投票です♪
「忘却エンドロール」か「映画鑑賞の記録」で、是非ご投票下さいね〜。
Posted by 宵乃 at 2011年07月08日 09:52
宵乃さん、こんにちは。

私はリメイク版を何度か観たはずなのですが、
宵乃さんと同じように犯人が怖かったことしか
覚えていませんでした。

一筋縄ではいかない犯人でしたし、
ホント執念深くて怖かったですよね〜。


お、投票はじまりましたか!
あとで行きますね〜。
Posted by マミイ at 2011年07月08日 21:16
3月に録画したままで、やっと見ました☆
前にもお伝えしたと思うのですが、リメイクはもっと前に見たのですが、途中からものすごく怖くて、でも見たかったので、その怖い場面(女性を殴るところ)から「全早送りで見た」ので、ナンバーを付けずに、数に入れていませんが、ものすごく印象に残っています。

この作品では、私は今までロバート・ミッチャムが悪人を演じたのを見た事がなかったので、たいへんに驚きました。

あとは、リメイクとの比較で、怖さの程度が全然違いまして(まぁ50年前はこれでも充分だったと思いますが)リメイクの恐ろしさ・異常さ・長さ・ラストを・・・忘れられないので・・・ある程度の作品だとは思いましたが・・・。

>こんな悪人に睨まれてしまったら、
>どうやって対抗していったらいいんでしょうね

この件ですが、もっと冷静に対処すれば良かった点も多かったように思います。
特に母親が離れずに一緒に居さえすれば良かったところが多かったので、母親にムカつきました。
Posted by miri at 2011年10月14日 09:37
miriさん、こんにちは。

スコセッシ監督のリメイクはすごかったですよね。
本当にデ・ニーロが異様でしたね。

>特に母親が離れずに一緒に居さえすれば良かったところが多かった
確かにその通りですよね。
私も船の中の場面でオイオイ^^;と思った記憶があります。

ここまでひどい犯人だとは思っていなかったのかもしれませんね。
襲われるのは自分だと思っていたとか・・・。
しかし、四六時中ずっと一緒にいるわけにもいかないので
(狡猾な犯人なので必ず一瞬の隙をついてきそうな気がします。
この母親は隙だらけでしたが^^;)
やっぱり私は怖いです(>_<)
Posted by マミイ at 2011年10月14日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「恐怖の岬」観た
Excerpt: 製作:アメリカ’62 原題:CAPE FEAR 監督:J・リー・トンプソン 原作:ジョン・D・マクドナルド ジャンル:★サスペンス妻子と幸せに暮らす弁護士サムの前に、8年前に彼の証言で刑務所に..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2011-07-08 09:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。