2011年07月01日

真のヒーローとは


ダークナイト 原題:THE DARK KNIGHT
製作2008年 アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、
アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン、
マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、マギー・ギレンホール


ティム・バートン版のジャック・ニコルソンが演じた
ジョーカーがかなりのハマり役だと思っていたので
ヒース・レジャーはどんな風に演じるのか
興味津々で観ました。

(あらすじ)
悪がはびこるゴッサムシティに白塗りメイクで
凶悪犯罪を行う正体不明の男「ジョーカー」が現れた。
ハービー・デントという新しい検事も赴任し
バットマンを取り巻く環境は変わりつつあるように
見えたが・・・・・。


ニコルソンのジョーカーからはどことなく
ちゃめっ気を感じていたのですが、
ヒースのジョーカーはとにかく常軌を逸していて
本当に怖かったです。
人間は正体不明の存在に恐怖心を抱く
・・・・・バットマンの理念どおりの悪者でした。
先日バットマンシリーズを通してみましたが、
ジョーカーが一番強い敵だと思います。
本作でもトゥーフェイスも出てきますが、やっぱり印象が薄い!
原作もこんな感じなのでしょうか?

ヒーローのエンターテインメント映画だと思って
鑑賞したら、どえらい目にあうかもしれないです。
それなりにアクションはあるものの
スカッとする映画ではないと思います。

真のヒーローとは、賞賛の対象だけではないのかもしれません。
それでもじっと苦難に耐え、闇の中で密やかに動く・・・
バットマンはかっこいいです。

そして、ヒーローになれなくても
自分にできる限りの正義を行おうとする
ゴードンや一般市民の人々など、
掃き溜めのような場所であっても
正義は皆無ではない・・・と信じたいです。


posted by マミイ at 00:32| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
もともとこの作品を観るためにバットマンシリーズを観てきたというのに、ティム・バートン作品を気に入ってしまって、こちらは楽しめませんでした。
よくよく思い返してみると、クリストファー・ノーラン監督の作品は、未見の2作を除いて全部ダメだったんだ・・・。合わないんですね〜。

ヒースのジョーカー、怖かったですか。わたし的には、ちょっと掴めない人だなぁという感じでした。
ビギンズを10分くらいにまとめて、こちらと一緒にしちゃえば良かったのに〜とか思ってしまったわたしです。
Posted by 宵乃 at 2011年07月01日 10:08
宵乃さん、こんにちは。

同じ原作とは思えないほど正反対の作りですよね。
バットマンはティム・バートンの世界観と
本当にぴったりマッチしているので
真逆にいかないとリメイクする意味がないかなぁと思ったりもしました。
(でも、あれでほぼ完ぺきだと思うので
リメイクしなくてもいいかな・・・と思ったり。笑)

ヒースジョーカーは掴めないから怖かったです。
結局何を言ってるんだか、何が言いたいんだか
わからなかったです。

ティム・バートン版を見てからだと
ビギンズは長ったらしい印象を受けました。
とはいえ、私はクリスチャン・ベールが好きなので
その分点数を上乗せしちゃうのですけど。笑
Posted by マミイ at 2011年07月01日 13:31
『ダークナイト』の傑作ぶりは快挙だよね。
この重厚で複雑で、パワフルなドラマ。

バートン版も良かったけど、ノーラン版のバットマンの世界観はかなり迫力ありますよね。

ジョーカーはとにかく純粋に悪なんだよね。
金とか権力とかに興味ゼロで、ひたすら悪意のみで動いている。

人間がいかに社会において弱く、身勝手な生き物なのかを見てみたいんでしょうね。

社会を混乱させて、そこでアタフタしてる人間を見て嘲笑ってる。

ジョーカーの理屈ってメッチャ真理をついていて、そこに筋を通した行動力があるから恐ろしい。

ジョーカーって抜群に狂っているのに、一番正気なのかもしれないなと思わせてくれた。

だから本気で嫌な気持ちにさせられました。

とにかく傑作です。
間違いない。
Posted by shit at 2011年07月02日 21:54
shitさん、こんにちは。

>ジョーカーって抜群に狂っているのに、
>一番正気なのかもしれないな
ジョーカーって誰よりもピュアでしたよね。
悪に対してひたすら純粋・・・そこがとっても怖かったです。
そっかぁ、shitさんの説明で
やっとジョーカーの人となりが理解できたような気がします。

Posted by マミイ at 2011年07月02日 23:40
悪くない映画なんだけど、ゴキゲンな映画でもないっていう印象です。
忘れちゃった映画ですね。とにかく暗い、画面が暗い。
相棒が途中で寝ちゃいました。
Posted by 窓際一直線 at 2013年04月15日 22:18
窓際一直線さん、おはようございます。

>悪くない映画なんだけど、ゴキゲンな映画でもないっていう印象です。
こういう暗い映画って鑑賞時の自分の精神状況によって
印象が大きく変わってしまうような気がします。
鬱期の時に観たら、一線を越えちゃいそう(^^;

>相棒が途中で寝ちゃいました。
私も何度か一緒に観てますが、
最後まで一緒に観終えてる方が少ないかも!?
Posted by マミイ at 2013年04月16日 05:23
マミイさん、こんばんは

初見のときから、好きになれない作品だなぁと
思ってたんですが、いざ感想を書いたら気に入ってる箇所が多いのが自分でも意外でした。

ただこの監督の描くバットマン、かなり苦手です
というより嫌いです。
そうとうヒネくれてますね、僕は

デント役のアーロン・エッカートって結構好きな役者なんだけど
もうひとつ押しが弱いっていうか
特にこの手の豪華キャストの大作だと余計に。
好きなんですけどね

後半、デントが次々と復讐していきますが
マフィアのボスを見逃したあと運転手を撃ちますが
運転手のほうも裏が出たら殺さずに黙って車を降りたんでしょうかね。その様子を想像したら何だか和む(笑)
Posted by バーンズ at 2013年05月03日 12:28
バーンズさん、こんばんは。

>いざ感想を書いたら気に入ってる箇所が多いのが自分でも意外でした。
後からくる作品というか、心にひっかかる作品ってありますよね。
その映画に対して何か言いたい事がたくさんあるっていうのは
その映画に対する自分の評価が高いって事なんですかね。
でも、嫌いだから高評価ってちょっと納得いかないとこあったりするんですけど。笑

>そうとうヒネくれてますね、僕は
別のドキュメンタリー映画で観たことがあるのですが
この監督さんはか〜な〜りヒネくれてましたよ。
ちなみにノーラン監督は好きな子ほどいじめちゃうタイプでした。

>もうひとつ押しが弱いっていうか
>特にこの手の豪華キャストの大作だと余計に。
ジョーカーVSバットマンが見せ場なので、
どうしてもその他の悪役って事でかすんでしまいますよね。
今となってはほとんど覚えていません。

>その様子を想像したら何だか和む(笑)
あはは、誰も殺さずに退場・・・って新しい悪役かもしれません。
Posted by マミイ at 2013年05月06日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。