2011年06月12日

波乱万丈の人生


ジェイン・オースティン 秘められた恋
原題:BECOMING JANE
製作2007年 イギリス・アメリカ 監督:ジュリアン・ジャロルド
脚本:サラ・ウィリアムズ、ケビン・フッド
出演:アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ


ジェーン・オースティンの小説は読んだことはないですが
『高慢と偏見』、『分別と多感』の映画化の
『プライドと偏見』、『いつか晴れた日に』は観たことがあります。
(どちらも好きです。)
正直、彼女の書いた小説ほど引きこまれる人生ではないけれど、
このような人生を経たからこそ書けたのだと思うと
感慨深いものがありました。

(あらすじ)
1795年の英国。この頃は自由な恋愛はほとんどできず
貧しい家の娘は富豪に嫁ぐべきとされていたが
ジェインは、ウィスラー氏との結婚話に乗り気ではない。
そんな時にロンドンからやってきたトムと出会う。
最初は反発していたジェインであったが・・・・・。


小説と比べると、やっぱり浮き沈みがそれほどではないので
結構ダラダラと観てしまいました。
(やっぱり、恋愛話はハッピーエンドがいいです。)

アン・ハサウェイとジェームズ・マカヴォイ・・・
主演の二人は好きなのですが、今回のジェームズ・マカヴォイは
ちょっぴりウジウジ君でイラッとしました。
役だから仕方がないんですけど。

ジェイン・オースティンの原作した小説の映画はとってもいいから
ぜひとも観てもらいたいです。
(原作を読んだことのない私が言うのもなんですが・・・。)




これを機会に私も彼女の書いた小説を読んでみようかな。



posted by マミイ at 00:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。