2011年06月08日

キャラがよわ〜〜〜〜い


グッド・バッド・ウィアード 
原題:THE GOOD, THE BAD, THE WEIRD
製作2008年 韓国 監督:キム・ジウン
脚本:キム・ジウン、キム・ミンスク
出演:チョン・ウソン、イ・ビョンホン、ソン・ガンホ


『続・夕陽のガンマン』THE GOOD, THE BAD AND THE UGLYを
元ネタにした韓国発のウエスタンです。
(・・・・・ん、ウエスタンではないかな。)
オリジナルはおもしろかったんですけど・・・。

(あらすじ)
1930年代の満州。日本軍の宝の地図を奪いに来た
パク・チャンイであったが、すんでのところで
コソ泥のユン・テグに奪われてしまう。
そこに賞金稼ぎのパク・ドウォンが加わり・・・・・。


「善玉」チョン・ウソンがかっこよかったです。
馬に乗る姿も、ライフルを構える姿も。
「悪玉」イ・ビョンホンは他の映画では好きだったんですが、
この映画ではダメでした。メイクのせい???
『続・夕陽のガンマン』の悪役のリー・ヴァン・クリーフは
しびれるほどかっこよかったんですけど、
本作の悪役はあんまり・・・でした。

3人以外にもお宝を狙って日本軍とか、闇市のワルなどが
出てくるので、誰が誰やらわからない状態になり
それぞれの登場人物の印象がとても弱かったです。

ラストのいざ決闘!のシーンはおっ!!と思ったんですけど
あまりにあっけなくて、しかもそのまま終わってしまったので
ポカ〜〜〜ンとしてしまいました。


posted by マミイ at 00:53| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国版ですか〜、それは全体的に薄そうな・・・。小奇麗な顔ではあの泥臭い感じは出せませんよね。何故今になって韓国でリメイクする気になったんでしょう?
せめて最後の決闘くらいは緊張感をもたせてほしいところです。
Posted by 宵乃 at 2011年06月08日 12:14
宵乃さん、こんにちは。

監督さんがオリジナルを好きだったので
かねてから作ってみたかったらしいですよ。
でも、好きというばかりではどうにもならない事って
ありますね。(苦笑)

最後は盛り上がりかけたんですけどね〜、
残念でした。(悲)
Posted by マミイ at 2011年06月09日 15:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。