2011年04月29日

敵と友のみわけかた


さらば友よ 英題:FAREWELL, FRIEND
製作1968年 フランス 監督:ジャン・エルマン
原作:セバスチャン・ジャプリゾ
脚本:セバスチャン・ジャプリゾ、ジャン・エルマン
出演:アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン


アラン・ドロンもチャールズ・ブロンソンもシブくて
とってもステキでした。
(二人の上半身裸も拝めたし)とってもいい映画でした!

(あらすじ)
アルジェリアの戦争から帰還した軍医バランは
ある女性に頼まれとある広告会社の金庫に
忍び込むことになった。
同じときに帰還した米国人の傭兵プロップは
何かとバランにからみ、金庫破りの事もかぎつけるが・・・。


↑にも書きましたが、お二人の締まった肉体美も麗しく
観ていてしびれました〜!
友情に言葉はいらない、多くを語らないけれど
しっかりとした絆を感じました。

元々仲はよくなかったのだけれど、
終盤はまったくそんな事を感じませんでした。
友情をはぐくむのに大した時間はいらないのです。

なぜ、女性があのような依頼をしたのか・・・などは
結局よくわからないままだったのですが、
男と男の絆に酔いしれる作品でした。
YEAH !


posted by マミイ at 23:01| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしもストーリーはいまいちつかめなかったんですが、あの二人の友情を見られたらそれで満足でした。
独特な雰囲気にいい男、そして友情。これだけ揃っていればもう酔うしかないですよね。
あの最後の「YEAH !」も強烈です(笑)
Posted by 宵乃 at 2011年04月30日 10:20
宵乃さん、こんにちは。


>独特な雰囲気にいい男、そして友情。
>これだけ揃っていればもう酔うしかないですよね。
まさにおっしゃる通りですね!
この二人だったからこそ、成立した映画だと思います。
ネットで調べていたら
ジョン・ウーがリメイクするなんてニュースも
ちらほら見かけたのですが、
誰が演じるかで全く違う映画になってしまいそうです。
Posted by マミイ at 2011年04月30日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

チャールズ・ブロンソン主演作2本
Excerpt: 『さらば友よ(ADIEU L'AMI)』 仏’68、ジャン・エルマン監督、セバスチャン・ジャプリゾ原作 アルジェリア戦争帰りの軍医ディノは、見知らぬ女に”債券を会社の金庫に戻して欲しい”と頼ま..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2011-04-30 09:12

さらば友よ
Excerpt: 2011年10月22日(土) 録画再生(BS 2 2010年7月13日0:45放送) さらば友よ [DVD]出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサルメディア: DVD アラン・ドロン、チャ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2011-10-22 18:53

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。