2011年04月17日

水もしたたる・・・・・


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
原題:PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF
製作2010年 アメリカ 監督:クリス・コロンバス
原作:リック・リオーダン
脚本:クレイグ・ティトリー
出演:ローガン・ラーマン、ブランドン・T・ジャクソン、
アレクサンドラ・ダダリオ


『3時10分、決断のとき』での美少年っぷりに私がクラクラした!?笑
ローガン・ラーマン主演のファンタジーです。

(あらすじ)
17歳のパーシー・ジャクソンはADHDと難読症があり、
学校生活も浮き気味。
ある日突然怪物に襲われ、ゼウスの稲妻を返すように迫られた。
パーシーは自分が海神ポセイドンと人間の間に
生まれた子である事を知ることになる・・・。


オリンポスの神々のキャストがえらく豪華です。
ゼウスはショーン・ビーン、
ハデスはスティーブ・クーガン、
ケンタウロスはピアース・ブロスナンだし、
メデューサはユマ・サーマンなのです。
出番は少ししかないのですが、やはり圧倒されますね。
(あんまり神様らしい能力が見えなかったのは残念ですが・・・。)

主人公はADHD(注意欠陥・多動性障害)や難読症といった
パッと見にはわからない障害をかかえています。
原作者は中学校教師の経歴があり、
お子さん自身も学習障害をお持ちなのだとか。
この映画は障害のあるなし関係なしに
子供たちは無限の可能性を秘めている事を示してくれます。
(かと言って、障害があるのは特別な意味があるから
・・・・って説明はどうなのかなと少し思いましたが。)

しかし冒険自体はあんまりパッとしないんですよね、実は。
地図の示す通りにあっち行って、こっち行って
・・・・な〜んて、お手軽なRPGレベルです。
パーシーの能力が現れる時は楽しいんですけどね。
神話の世界観を現代風にしてるのもよかったです。

ま、ローガン・ラーマンがかっこよかったから
私的にはOKなのです。笑
調べてみたら、彼は『バタフライ・エフェクト』にも
出ていたのですね。
アシュトン・カッチャーの子供時代を演じてました。
あぁ、あの子ね・・・とすぐにわかりました。
あの頃から美少年だったのだなぁ。
それと、今年の秋には彼がダルタニアンとなった
『三銃士』が日本でも公開されるようです。
大画面で彼が駆け回るのを見に行こうかしら。


一応本作の続編『魔海の冒険』も作られているみたいで
2012年公開予定なのだとか。
色々と要注目なのです。


posted by マミイ at 12:33| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

配役が豪華でしたねぇ、それだけに、それだけに。
特にゼウスの無能設定には涙です。ショーン・ビーン好きなのになぁ。(>_<)

私はRPGって好きなので、各場所で現代風に戦うシーンはお気に入りでした。
「ハーフ訓練所」が戦闘以外にもいろいろと教えている光景が欲しかったですねぇ、戦い一辺倒でしたから。(^^;

今度の「三銃士」でダルタニアン役ですか!
続編も気になりますけど、こちらも気になりますねぇ。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2011年04月17日 17:46
白くじらさん、こんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございます。

ゼウス・・・ホントに活躍してなかったですね。(涙)
終盤もあれだけ下界で稲妻バリバリさせて戦ってたら
気づきそうなものなのに・・・と思いながら観てました。

私もRPGは好きですが、もうちょっと謎解きがしたかったです。
現代風に戦うのはおもしろかったですね。

若さはじけるダルタニアンになるのではないかと
密かに期待しております。
秋には映画館に行ける暇ができるとよいのですが・・・。
Posted by マミイ at 2011年04月18日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
Excerpt: 神は世界を長く支配しすぎた。俺たちが引き継ぐ時だ! 2010年(Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief)製作国:アメリカ、カナダ監..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2011-04-17 17:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。