2011年04月14日

気のせい?それとも・・・


SF/ボディ・スナッチャー 
原題:INVASION OF THE BODY SNATCHERS
製作1978年 アメリカ 監督:フィリップ・カウフマン
原作:ジャック・フィニイ
脚本:W・D・リクター
出演:ドナルド・サザーランド、ブルック・アダムス、
レナード・ニモイ、ジェフ・ゴールドブラム


同一原作の『インベージョン』は見たことがあるのですが
内容を全く覚えていませんでした。
過去記事を読んだらどうやらドキドキしていたっぽいです。

(あらすじ)
公衆衛生局のマシューは同僚のエリザベスから
恋人のジェフが別人のように感じると相談を受ける。
最初はエリザベスの気のせいだと思っていた
マシューはやがて似たような経験をして・・・・・。


ドナルド・サザーランドの髪型がどうにも
似合わないような気がして終始気になっていました。笑
多少のツッコミどころはあるものの
お話はドキドキしてひきこまれました。

1978年製作なので、特撮技術は今と比べるのは
もちろん酷な話ですが、十分怖かったです。
はっきりとは覚えてないですが、
『インベージョン』より怖かったような気がしました。
ホントに内容を覚えていないので
(・・・・・ハッ!あの時の私と今の私は別人なのかも!?笑)
とりあえず、『インベージョン』は再見したいです。



・・・・・そうそう、ジェフ・ゴールドブラムの
本作での役どころは実はあんまりわからなかったのですが、
やっぱり彼はかっこいいですね。
すらりとした長身で駆けていく姿にみとれました。

タクシードライバーがドン・シーゲルらしいのですが、
同一原作で1956年製作の『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』の
監督をしていたから、そのつながりなんでしょうね。
再見した時には注目してみたいと思います。


posted by マミイ at 21:36| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

「SF/ボディ・スナッチャー」は秀作ですね。
いつのまにか隣人が違う人になっていく恐怖は「惑星アドベンチャー」「スペースインベーダー(惑星…のリメイク)」「ゼイリブ」などがありますが、いつも一緒の人なのにどこか違う…嫌ですねぇ。恐いです。

あの口を開いての表情と「あー」と叫び声は、しばらく脳裏から離れません。

この作品もなにげに有名人が多いですね。(^^)
Posted by 白くじら at 2011年04月17日 17:55
白くじらさん、こんにちは。

古くてもいい作品はいいですね。
あげてもらった作品はどれも未見なので
今度観てみようと思います。

気がついたら、「別人」が増えてるのが怖いですよね。
早く仲間になってしまった方が楽なのか・・・迷います。

こういう終わり方もなかなかいいですね。
古いものの方が無理やりにハッピーエンドに
しないので好感が持てます。
今見たら豪華キャストっていうのもいいですよね。
Posted by マミイ at 2011年04月18日 12:41
この作品、気になってます。見てみたいです。
SFが好きなので。

マミィさんはお子さんいらっしゃって、いつご覧になってるんですか?かえるままは、どんなシーンがあるか分からない映画は子供が寝てから、って思いますが、つい自分も一緒に寝てしまいます....
Posted by かえるまま21 at 2011年05月03日 11:27
かえるままさん、こんにちは。

SFっておもしろいですよね。
現実離れした設定だけど、
現実に起きたら・・・と想像するとちょっと怖くて
お話の中にどんどんひきこまれてしまいます。

最近は上の子たちは21時になったら
自分たちの部屋に寝に行くので
そこからは私の映画タイムとなります。
もしくは平日の昼間、三男が寝てる時に観る事が多いです。

実は元々は次男がよくお乳を吐く子だったので
飲ませて30分以上縦抱きしておく必要があり、
眠らないようにと映画を観だしたら
すっかりはまってブログまで始めてしまったのです。
Posted by マミイ at 2011年05月03日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。