2011年03月01日

嫌いじゃない雰囲気


ウィスキー 原題:WHISKY
製作2004年 ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツ・スペイン
監督:フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール
脚本:フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール、
ゴンサロ・デルガド・ガリアーナ
出演:アンドレス・パソス、ミレージャ・パスクアル、
ホルヘ・ボラーニ


完全にお酒が出てくる映画だと思ってました。
作中にウイスキーが出てきた時に
「こっちか!?」と思わず叫びそうになりました。

(あらすじ)
靴下工場を経営する初老の男ハコボは
工場で働く中年女性マルタに
自分の弟エルマンが遠くから来て滞在する数日間
妻役を演じてくれるように頼むが・・・・・・。


ハコボもマルタも無口で無愛想です。
二人で一緒にいてもほっとんどしゃべらないし
感情を表に出すこともありません。
(終始↑のような表情です。)
主人公がこんなにしゃべらなくっても
映画って成立するんだ!って新たな驚きがありました。笑
そして、この雰囲気は私は嫌いじゃないです。

恋愛感情・・・妻役を頼むってことは
そういう気持ちも少しはあるのかなぁ。
でも、全然ロマンチックなところはありません。
とはいえ、今後の二人が気になるところであります。


posted by マミイ at 01:07| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは独特な雰囲気ですよね。詳細は忘れてしまいましたが、

>作中にウイスキーが出てきた時に
「こっちか!?」と思わず叫びそうになりました。

これはわたしも思いました(笑)
”嫌いじゃない雰囲気”というのもわかりますよ〜!
またオンエアがあったら再見してみようかな。

あと、あの母の話は自分では覚えてなかったんですよ。二十歳くらいのころに、母が”あの時は怖かったのよ〜”って話し始めて、「おいっ!」って思いました。悪気が全くない様子なので、地味にショック!
Posted by 宵乃 at 2011年03月01日 17:00
宵乃さん、こんにちは。

大きなスクリーンで観ると
多少物足りなさを感じるかもしれませんが(笑)
『シティ・オブ・ゴッド』という壮絶なお話のあとでは
ゆったりした雰囲気に癒されました。


覚えてなくて幸いでしたね。
幼い心に傷が残らなくてよかった!
お母様は悪気がないから話してくださったのでしょうが
たとえ記憶がなくっても叩かれていた本人としては
衝撃の事実にビックリですよね。
Posted by マミイ at 2011年03月02日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。