2011年02月08日

ただ、ただ、信じる


ロング・エンゲージメント
原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES
製作2004年 フランス 監督:ジャン=ピエール・ジュネ
原作:セバスチャン・ジャプリゾ
脚本:ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン
出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル


ジュネ監督の世界観が好きです。
今回もなんというか、色あせたような印象が素敵でした。


(あらすじ)
マチルドは戦場に行った恋人マネクの帰りを一心に待っている。
そんなマチルドの元にマネクの訃報が届く。
マネクの死を信じられないマチルドは
恋人の消息をたどろうとするが・・・・・。


恋人の帰りを待つマチルドはオドレイ・トトゥです。
『アメリ』っぽくゲン担ぎ?
「夕食までに飼い犬が帰ってきたら彼が生きてる!」なんてのは
内容は違えど、誰しもやった事はあるのではないでしょうか。

とにかく純粋に彼を待ち続けるマチルド。
好きで、好きで、好きでたまらない人は遠く離れていても
鼓動を感じることができるのかも。


男の人よりも女の人の方が魅力的かな。
出番は少しだけでしたが、マリオン・コティヤールも
ジョディ・フォスターもいい感じでした。
(実は、男の人はあんまり見わけがつきませんでした。
名前を言われても、誰が誰やら・・・・・。)


posted by マミイ at 22:45| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。