2011年02月05日

戦争は遠い国の花火ではない


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
製作1989年 日本 監督:高山文彦
原作:富野由悠季
脚本:山賀博之
声の出演:浪川大輔、辻谷耕史、林原めぐみ


あちこちで好評を聞いていたOVAですが
私は初見でした。
観終わってすぐは実はそれほどではなかったんですが
後からジワジワ〜と良さがこみあげてきました。

(あらすじ)
地球連邦軍とジオン公国が戦う一年戦争のさ中、
中立を謳うスペースコロニー・サイド6で
少年アルは戦争とは無縁の生活を送っていた。
ある日サイド6に突然ジオン軍のモビルスーツ
ザクが現れ、追いかけたアルはバーニーという
青年兵士と出会う・・・・・。


ガンダムシリーズは子供が主人公ですが、
年齢的には思春期あたりで自らがガンダムを操縦しますが、
アルはホントに小学生の子供、おこちゃまで
単純に兵器やモビルスーツに憧れるだけなのです。
子供だけに後先考えない行動をしちゃうので、
大人になった今、見てみると「あちゃ〜〜」とか
「おいおい」っていう目でみてしまいました。

でも、普段のガンダムシリーズよりリアルだと思いました。
今の日本でも、戦争なんて遠い国の出来事、
どこかでゲームの世界、他人事みたいなもんだと
思っていませんか?
自分に近い人の血が流れて初めて戦争を実感するのかも。

ニュータイプだとか特別な人間じゃなくても
自分のできる事を一生懸命やることが大切っていう
メッセージがひしひしと伝わってくる映画でした。


小1の長男に「連邦軍とジオン軍はどっちが悪いの?」と
聞かれましたが、答えることはできませんでした。
それぞれがそれぞれの主張がありますし、
一兵士だけでみれば、実は悪い人間じゃないんですよね。


アルの声は浪川大輔さんなのですが、
なんと変声期前からお仕事をされていたんですね。
ビックリしました。
名前を見るまでは女の子の声だと思ってました。


posted by マミイ at 23:59| 大阪 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
日本人にとって、アルの抱く憧れとか他人事な態度はよくわかりますよね。子供の頃に観たのもあって感情移入しやすかったです。
ニュータイプが出てこないのも、マミイさんが仰るようなメッセージが込められているんでしょうね。(未だにニュータイプが何なのかよくわかりませんが・・・)

それにしても、アルの声優さんって女性じゃなかったんですね〜。驚きです!
Posted by 宵乃 at 2011年02月06日 10:23
宵乃さん、こんにちは。

宵乃さんがすすめてくれなかったら
多分観ることはなかったと思います。
おすすめしてくださってありがとうございました!
観終わってから時間が経てば経つほど、
ゾクゾクするほどの感動の波が押し寄せてきてます。
私ってばにぶいのかも!?

子供の時に見てたらアル目線になっちゃいますよね。
最後なんて涙が止まらないと思います。

私もエンディングを見るまでは
アルは女の人だと思ってました。
名前を見てビックリです。
Posted by マミイ at 2011年02月07日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

お気に入りOVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」
Excerpt: 製作:日本’89 監督:高山文彦 原作:矢立肇/富野由悠季 ジャンル:★SFロボット/戦争宇宙世紀0079年12月。平和な中立コロニー・サイド6で、ザクの襲撃事件が起こる。彼らは連邦が隠した新型..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2011-02-06 08:55

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。