2011年01月15日

愛のある家庭


若草物語 原題:LITTLE WOMEN
製作1949年 アメリカ 監督:マーヴィン・ルロイ
原作:ルイザ・メイ・オルコット
脚本:アンドリュー・ソルト、ビクター・ヒアマン、
サラ・Y・メイソン
出演:ジューン・アリソン、マーガレット・オブライエン、
エリザベス・テイラー


新年二発目は古典的名作です。
・・・といっても、私はアニメの世界名作劇場での
思い出が一番大きいですが。

(あらすじ)
マーチ家は父が戦争に出兵し、貧しいながらも
長女メグ、次女ジョー、三女エイミー、四女ベスの
四姉妹仲良く暮らしていた・・・・・。


大人の事情!?で原作とはベスとエイミーが
いれかわっています。
天才子役といわれたマーガレット・オブライエンを
お涙頂戴系のベスに配役したためにこうなったそうです。
キレイだけど、利己的なエイミーを
エリザベス・テイラーが好演していました。
まあ、私は男勝りなジョーが一番好きなんですけど。

お金持ちの叔母さんは口が悪いけど
実はいい人だったんですね。
この映画では、ジョーの態度の方が
悪いような気がしました。
私も大人になったという事かなぁ・・・。


お金のあるなしにかかわらず
愛のあふれる家庭が一番と思わせてくれます。
こういう大団円で終わる映画はいいですね。
心が洗われました。


posted by マミイ at 23:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。