2010年12月30日

後夜祭的なノリで

ブルー・イン・ザ・フェイス 原題:BLUE IN THE FACE
製作1995年 アメリカ
監督:ポール・オースター、ウェイン・ワン
脚本:ポール・オースター、ウェイン・ワン
出演:ハーヴェイ・カイテル、ジム・ジャームッシュ、
マイケル・J・フォックス、マドンナ


シネフィル・イマジカでなんとなく録画していたんですが
『スモーク』の舞台となった煙草屋が舞台ということで
『スモーク』を先に観てからみました。
・・・絶対にその方がいいです。

(あらすじ)
ブルックリンにあるオギー・レンの煙草屋
ブルックリン・シガー・カンパニーには
今日も色々な客が訪れるのであった・・・・・。


作品全体から伝わってくるのは
ブルックリンに対する愛情ですね。
私はブルックリンには行った事はないですが
ごちゃまぜの文化がとても楽しそうでした。

『スモーク』は何でもないフツウの人々の
何気ない話が中心でしたが、こちらには
ジム・ジャームッシュなど有名人(・・・と言っても
なじみがない人には誰かわからないかもしれないけど)が
本人役で登場しているので、実際にその話が本当なんだか
どうなのか、ますますわからなくなりました。
(一般市民のドキュメント映像?も出てくるし。)
なんか、ブルックリンに行けば
本当にオギー・レンの煙草屋が見つかるんじゃなかろうか
・・・・・という気になりました。
あ、マイケル・J・フォックスは見てるときには
全然気がつかなくって、エンディングで知って
ビックリしました。


前作とはまったく違う印象の映画です。
みんなで一つのものを作り上げた後
もうちょっとだけ楽しい時間を続けた
後夜祭的な雰囲気の映画・・・・・かな。


posted by マミイ at 05:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。