2010年12月11日

会話に漂う危うさ


勝手にしやがれ 原題:A BOUT DE SOUFFLE
製作1959年 フランス 監督:ジャン=リュック・ゴダール
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ


タイトルはすごく有名ですね。
でも初めて見ました。

(あらすじ)
ミシェルは金をとりたてるために自動車を盗み
道中で警官を殺し、パリにやってくる。
ついでにアメリカ人のパトリシアにも
会いに行くが・・・・・。


先日観た『パリ、恋人たちの2日間』と同様に
男女の小粋な会話が主としてすすみますが
本作では会話の中に危うさを感じました。
どっちに転がるかわからないサイコロを
ふっているような気分です。

実はさっき見終わったばかりなのですが、
あんまり記憶に残ってないというか
印象をうまく言葉にする事ができないです。
またいつか、時間をおいてから再見してみたいです。


posted by マミイ at 00:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。