2010年11月15日

命の重さ

ザ・スタンド 原題:MEDICINE MAN
製作1991年 アメリカ 監督:ジョン・マクティアナン
脚本:トム・シュルマン、サリー・ロビンソン
出演:ショーン・コネリー、ロレイン・ブラッコ


「スタンド」っていうと漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を
思い出します。
(第3部のジョセフ・ジョースターって
ショーン・コネリーに似てると思うし。)
当然ですが、全然関係のない話でした。
(原題は呪術師という意味だそうです。)

(あらすじ)
生化学者のレイは財団の命を受け、アマゾンの奥地で
研究を続けるキャンベル博士に会いに行く。
彼が癌の治療薬の研究をしている事を知ったレイは
研究に協力するが・・・・・。


全人類の命を救う・・・・という大義名分の下では
一人の未開人の命の重さはいかほどのものと
なるのでしょうか?
なかなか骨太なテーマでした。

監督は『ダイ・ハード』のジョン・マクティアナンで
ショーン・コネリー主演ですが、
アクションはないです。


ヒロインは頭でっかちで実務経験のない
割と嫌な感じの女性でしたが、
第一印象が悪いと、最後はそれなりに
いい人に見えますね。(笑)


posted by マミイ at 22:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。