2010年11月07日

胸が張り裂けそう


チェンジリング 原題:CHANGELING
製作2008年 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド
脚本:J・マイケル・ストラジンスキー
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコビッチ


子を持つ親としてはこのお話が実話だと言う事に
とっても驚きます。
イーストウッド監督はいつも
心を揺さぶる作品をつくるお人ですね。
今回も最初から最後までずっと
目が離せませんでした。

(あらすじ)
1928年のロサンゼルス。シングルマザーの
クリスティン・コリンズは9歳の息子ウォルターと
幸せに暮らしていた。
ある日ウォルターが行方不明になり、
半年後に見つかったと知らせが入る。
駅に迎えにいったクリスティンは
全然知らない少年を「ウォルターだ」と言われ
愕然とするが・・・・・。


この当時の警察が(全部ではないとしても)
こんな能力で仕事をしていたのだとしたら
本当に恐ろしい事です。
母親が我が子を間違えるだなんて
どうしてそんな事を誤魔化せると考えたのか・・・。
どうしようもなくなれば、権力を行使して
邪魔な存在は握りつぶせばよいなんて
怖すぎです!!!

嘘に嘘を重ねてその場をしのごうとする警部に
強い怒りを感じました。
そして、愛する息子のため必死で耐え抜いた
強い女性クリスティンは素晴らしいと思います。


でも、あきらめない心は素晴らしいと思いますが、
こういう事態のときはいつ、どのように
心に折り合いをつけたらいいんでしょう・・・・・
傍から見ているだけの、何もできない者としては
彼女の強さが見ていてつらかったです。

うちには息子が3人いますが、
3人のうちどの子が欠けてもダメなんです。
本当にこんな悲しい事件が起きたなんて
胸が張り裂けそうでした。


posted by マミイ at 01:15| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マミイが出演したの?
Posted by BlogPetのだんご at 2010年11月08日 15:20
母親になると、こう言う映画の見方が変わってしまって、(客観的に見られなくなるのかな?)「胸が締め付けられる思い」とか「切なくて苦しい思い」が強くなる様ですよね....分ります。
そういう理由で、もう、「蛍の墓」は苦し過ぎて見れません....
Posted by かえるまま21 at 2010年11月11日 09:38
かえるまま21さん、こんにちは。

「ほたるの墓」もそうですが、実話だと言う事に
ショックを隠せません。
幼い子供たちが犠牲になる事件が
少しでも少なくなるように・・・と祈るばかりです。
Posted by マミイ at 2010年11月12日 21:26
昨日、夫婦でビデオを借りて見ました。

衝撃的で怒りさえ覚えてましたし、涙ぐみながら見ました。
妻は感受性が豊かな面もあってか顔を覆って号泣し「とても見ていられない」と言いながら見ていました。

とても苦しくなってしまう作品ですが、色々と考えさせられます。

何気ない毎日がとてもありがたいものだと再認識しましたし、人の欲・保身は恐ろしいとも感じました。


我が家にも子供がいますので、失うなんて想像もつかない!
今、子供と普通に生活できていることに改めて感謝です!!!
Posted by のんのん at 2010年11月15日 10:17
のんのんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

実話だという事が驚きですよね。
守ってもらえるはずの国家権力に
切り捨てられてしまったらゾッとしますね。

本当に何気ない日々を過ごせる事が一番の幸せですね。
Posted by マミイ at 2010年11月15日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。