2010年09月28日

万人にはお勧めできないけれど


ルナシー 原題:SILENI
製作2005年 チェコ 監督:ヤン・シュヴァンクマイエル
脚本:ヤン・シュヴァンクマイエル
出演:パヴェル・リシュカ、ヤン・トジースカ、
アンナ・ガイスレロヴァー


万人にはお勧めできないけれど
ヤン・シュヴァンクマイエルの作品が気になります。
目を背けたくなるような醜悪な画像も時にあるけれど、
それでも何だかひかれるのです。

(あらすじ)
ジャン・ベルロは悪夢にうなされ、泊まっていた宿の
部屋を破壊してしまう。
そんなベルロに興味を持った侯爵は部屋代を肩代わりし、
ベルロを自分の城へと招待するが・・・。


エドガー・アラン・ポーの作品『早すぎた埋葬』と
『タール博士とフェザー教授の療法』と、
マルキ・ド・サドの人物像から着想を得たそうです。

物を少しずつ動かしながらコマ撮りしていく手法は
普通は粘土とかかわいらしいものを想像しますが
ヤン・シュヴァンクマイエルの場合は
生肉や臓物が動くのです。
初めて見る人はものすごい衝撃ではないでしょうか。


目を背けたくても背けられないすさまじさの中で
心に向かってまっすぐに真実というナイフを
突き刺されるような感覚を受けました。

誰も死ななくても十分に怖い、
監督が言ったとおりの「哲学的ホラー」映画なのです。


posted by マミイ at 10:54| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

ボクはこの作品は見ていませんが、チェコの人形アニメにハマったことがあり、
特にシュヴァンクマイエルはかなり刺激的でした。

>目を背けたくても背けられないすさまじさの中で
>心に向かってまっすぐに真実というナイフを
>突き刺されるような感覚を受けました。

マミイさんのこの表現、すばらしいです。
本作も機会があれば見てみたいな。
Posted by ケン at 2010年09月29日 02:06
ケンさん、こんにちは。

ケンさんはシュヴァンクマイエルご存知なのですね。
本当に刺激的ですよね。

一応ジャンルはホラーになってます。
ケンさんはホラーは見ないと以前におっしゃっていましたが
シュヴァンクマイエル流のホラーという事で
機会があればぜひご覧になってみてください。
Posted by マミイ at 2010年09月29日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。