2010年09月23日

ほんの小さな誤解から


私をスキーに連れてって
製作1987年 日本 監督:馬場康夫
脚本:一色伸幸
出演:三上博史、原田知世、原田貴和子、沖田浩之
高橋ひとみ、布施博、田中邦衛


バブリーな時代のちゃらちゃらした恋愛映画だと
勝手に思いこんでいました。
(バブル時代は子供でスキーとも無縁だった私・・・)
ちょうど日本映画専門チャンネルで放送し始めた時に
スキー大好きでこの映画は何度も観ているという主人が
観出したので私も一緒に観たのですが
なかなかおもしろかったです。

(あらすじ)
OLの優はスキー場で矢野という青年と出会い
少し惹かれたものの、ほんの小さな誤解から
矢野に嘘の電話番号を教えてしまう。
偶然にも東京で再会した二人は・・・・・。


スキーとユーミンの音楽がバッチリあうんですよね。
ユーミンってばやっぱりすごいです。
三上博史演じる矢野の友人たちは男女問わず
結構ちゃらちゃらしてるんですが(笑)
でも、根はすっごくいい人間で
特に高橋ひとみと原田貴和子は「姐さん!」と
慕いたくなるほどかっこよかったです。

原田知世さんは相変わらず純粋な役がピッタリです。
平凡といえば平凡なんだけど、芯が強そうな女性。
私の中の彼女はそんなイメージです。

スキーのシーンはとってもいいです。
終盤で優のスキー技術がめちゃめちゃ上達してるのですが
それはまあご愛嬌。
この冬はスキーに行こうかなぁ・・・。


posted by マミイ at 23:30| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは以前観たんですが、白いゲレンデとユーミンの歌しか印象に残ってません。わたしもマミイさんと同じで、ちゃらちゃらした恋愛映画だと思っていたから真面目に観てなかったんですよ。やっぱ、ちゃんと観ないとだめですよね〜。反省!

さて、今月も「ブログDEロードショー」のお誘いに参りました。
作品は 『 アマデウス 』 (1984年アメリカ、ミロシュ・フォアマン監督)です。「ラジオ・ヒッチコック」のロッカリアさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
・当初の企画「一人では見難いから皆で一緒に見ようよ」と言う原点回帰。
この映画長い(160分)から、DVD買ってからまだ一度も見ようとしていない。(腰が引ける、と言うか…)このようないい機会がないと進んで見れないのだ。
・この映画をミュージカルだと思っている人が意外に多い。ようやく秋らしくなって来たので、極上のミステリーを皆と堪能したい。
・モーツァルトのお勉強にもなる。彼の人生を、映画を見ているだけで学べる。

とのことです。

観賞日は10月1日〜(金)〜3日(日)です。
よかったら今月も一緒に盛り上がりましょうね!
Posted by 宵乃 at 2010年09月24日 10:18
かえるままも、参加させて下さいね!

Posted by かえるまま21 at 2010年09月24日 18:51
宵乃さん、こんにちは。

白いゲレンデとユーミンの歌、これに尽きますね!
主演の2人がくっついてハッピーエンド
・・・という映画だと勝手に思ってました。
終盤はカーアクションなんかもあったりするので
機会があれば再見してみてください。


お、そして次回のブログDEロードショーですね。
お誘いありがとうございます。
やっと秋めいてきたのでミステリーには
ピッタリですね。楽しみです。
ぜひとも参加させてください!
Posted by マミイ at 2010年09月25日 08:01
かえるまま21さん、こんにちは。

一緒に楽しみましょうね♪
Posted by マミイ at 2010年09月25日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。