2010年09月19日

ドツボ女の一念発起


サンシャイン・クリーニング 原題:SUNSHINE CLEANING
製作2008年 アメリカ 監督:クリスティン・ジェフズ
脚本:ミーガン・ホリー
出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、
アラン・アーキン、クリフトン・コリンズ・Jr


ブログ『そのスピードで』のケンさんオススメの映画です。
エイミー・アダムスはこれまた主人公のイメージにピッタリ。
ある時はキラキラプリンセス、そしてまたある時は
前向きなワーキングウーマン。
そして今回は・・・・・。

(あらすじ)
ローズは高校時代はチアリーダーだったが
30代の今は未婚の母で元カレと不倫中。
妹のノラもバイトを転々としており
いまだに父と同居中。
そんな2人が一獲千金を狙い
事件現場の清掃業を始めるが・・・。


エイミー・アダムス、今回はドツボにはまってる
女の役です。
一度栄光を浴びた人間はいつかはその地位に
返り咲きたいと思ってるんでしょうね。
そんなセリフは一っ言もなかったですが、
見栄や焦りなど色々なものを感じました。
素晴らしい演技力です。
不倫相手に遊ばれていても、一心に尻尾ふっちゃう
ダメ女なローズ。
ダメ男には割と寛容な私ですが、自分の事は棚に上げて
(無意識のうちにですが)人より優位に立とうとする
ローズは苦手なタイプでした。

『リトル・ミス・サンシャイン』と同じ制作会社で、
アラン・アーキンも出てるし
タイトルに「サンシャイン」がつくし
どっちも家族の再生がテーマだけれど、
全然切り口が違います。
(そういえば、アルバカーキもチラッと出てきました。)
ま、私は「サンシャイン」というと
「地獄のローラー」を思い浮かべるキン肉マン世代ですけど。


posted by マミイ at 01:39| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
リンクまで張っていただき、ありがとうございます!

>一度栄光を浴びた人間はいつかはその地位に
>返り咲きたいと思ってるんでしょうね。
>そんなセリフは一っ言もなかったですが、
>見栄や焦りなど色々なものを感じました。

美人でマジメで、(妹以外の)他人にも優しいのに、
でもちょっと嫌な女なんですよね。
セリフに出さなくても、ビシビシ伝わってきました。
エイミーは、三十三歳でようやく売れた苦労人なので、
こういう役をやらせるとリアルです。
ダメ女だと思いつつも、このほろ苦い感じが好きかな。
Posted by ケン at 2010年09月19日 10:42
ケンさん、コメント&トラックバックありがとうございます。

ローズは優しいんだけど、どこか人を見下したところが
あるんだと思います。
妹ノラの世話も私がしてあげなくちゃ!と
使命感に燃えてるんですよね。
ノラが頼んだわけじゃないのに。

ローズは嫌な女で苦手なタイプなんですが、
エイミー・アダムス自身はますます好きになりました。
(時々役柄と本人がマッチしすぎていて
役者本人まで苦手になっちゃう時があります。)
女性はダメ男には寛容ですが、
ダメ女には厳しいかも。(笑)
Posted by マミイ at 2010年09月19日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ヨゴレ役 ― 『サンシャイン・クリーニング』
Excerpt:   サンシャイン・クリーニング Sunshine Cleaning   出演:エイミー・アダムズ エミリー・ブラント アラン・アーキン 監督:クリステ
Weblog: そのスピードで
Tracked: 2010-09-19 09:59

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。