2010年09月14日

想像力をふくらませよう!


Dr.パルナサスの鏡 
原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS
製作2009年 イギリス・カナダ 監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン
出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、
リリー・コール、ヴァーン・トロイヤー


撮影途中でヒース・レジャーが急死してしまいました。
でも、彼の出番を差し替える事なく
より素晴らしい作品にしあげてくれた監督に
感謝いたします。

(あらすじ)
Dr.パルナサスは齢1000歳。
悪魔と賭けをして永遠の命を手に入れた。
その代償として最愛の娘ヴァレンティナが
16歳になると悪魔の手に渡ってしまう。
何も知らないヴァレンティナは
ある日トニーという男性の命を救うが・・・・。


怪しげなトニーをヒース・レジャーが好演しています。
うさんくさいんだけど、女性の気を引くのが
とってもお上手!
怪しさすら彼の魅力の一つなのです。

鏡の世界に入ると顔が変わってしまうというのも
いいアイデアだと思います。
代役を務めたお三方はヒースが演じている
トニーっぽさを出していたため
違和感は感じませんでした。
3人ともヒースの友人で出演料はヒースの幼い娘さんに
寄付されたのだとか。
映画とは関係ないですが、素晴らしい友情ですよね。

リリー・コールはスーパーモデルなんですね。
腕や脚がお人形さんみたいにキレイで
見ていてうっとりしました。

ヴァーン・トロイヤーは身長81cmの小人症の方ですが
『オースティンパワーズ』のミニミー役としてが
一番有名かな。
しゃべってもしゃべらなくても味がある人で好きです。
日本では小人症の人が活躍する映画ってないですよね。
やっぱりお国が違うからなのかなぁ・・・。


お話はよくわからない部分もありますが、
精神世界ってキラキラでもあり、ドロドロでもあり、
何でもアリの自分勝手な世界だと思うのですが
そういうのをちゃんと映像化できるところが
監督のすごいところだと思います。


posted by マミイ at 07:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。