2010年08月19日

背筋がゾッとする


白い肌の異常な夜 原題:THE BEGUILED
製作1971年 アメリカ 監督:ドン・シーゲル
原作:トーマス・カリナン
脚本:ジョン・B・シェリー、グライムス・グライス
出演:クリント・イーストウッド


ジャンルが何かさっぱりわからないけど、
なんだかゾッとするタイトルのような気がします。
原題の「BEGUILED」は騙すとか欺くという意味らしいです。


(あらすじ)
南北戦争末期、森の中で女だけで暮らす女子学園があった。
ある日少女が敵である北軍兵士マクバーニーを見つけ
負傷した彼を学園内で保護するが・・・・・。


女の園にクリント・イーストウッドのような
魅力的な男がやってきたら、そりゃあ誰だって
夢中になってしまいますよね。

好意が嫉妬や憎しみに変わるところは怖かったです。
何よりもゾッとしたのは、本心を何重にも
ベールに包み、しれ〜っとした表情で
淡々と会話をするところです。

女は怖い・・・っていう映画だけれども、
イーストウッド演じる北軍兵士も平気で嘘ついたり
調子よくあちこちの女に手を出してるんだから
どっちもどっち、と言えなくもないかも。


posted by マミイ at 05:34| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、恐かったですね〜。
とくに、邦題から色っぽいのを想像した男性や、ハーレムを一瞬でも夢見たことがある男性には恐怖だろうな(笑)
途中、脚を切るというくだりがあったと思うんですが、本当に切る必要があったと100%は信用できないとこがまた・・・。

>イーストウッド演じる北軍兵士も平気で嘘ついたり調子よくあちこちの女に手を出してるんだからどっちもどっち、と言えなくもないかも。

あはは、同感です。でも、行儀よくしてても同じ結果だったかも・・・と思ってしまうくらい彼女たちが恐かったです。
Posted by 宵乃 at 2010年08月19日 10:15
宵乃さん、怖かったです〜。
熱帯夜にねっとりとまとわりつくような怖さを感じました。
私は官能サスペンスなのかな?と思いつつ
見始めたのですが、全然違いました。(笑)

足を切るのも怖かったですが、
殺意がありながらそれを隠しつつ
会話するのが非常に怖かったです。
この映画の後も何事もなかったように
暮らすんでしょうね、あぁこわ!
Posted by マミイ at 2010年08月19日 13:58
こんばんは。

これはかなり昔、TVでの観賞でしたが…女性って凄く恐い!と思うほどのサスペンスでした。

イーストウッドが演じる北軍兵士も、女性と見れば手を出していたんでしょうねぇ。まぁ、ある程度は自業自得だったのかもしれませんけど。(^^;

それにしても邦題名を付ける人って原題を無視することが多いですよねぇ。これは昔も今もですけど。
Posted by 白くじら at 2010年08月19日 22:46
録画は2,3ヶ月前にしていたのですが、
「真夏のホラー特集」に入っていてもおかしくないくらい
ゾッとする映画でした。

戦時中でお互いに抑圧された欲望があって
・・・・という状況なので
誰かれかまわず手を出すのはわからないでもないですが
こんなに手痛いしっぺ返しが待っているとは
夢にも思わなかったでしょうね。

今のカタカナそのまんまっていうのも
パッと聞いて意味がわからないし、
芸がないようにも思えますが
かといってひねりすぎるのも困り者です。
水野晴郎さんがつけた邦題は結構好きです。
『007/危機一発』とか『華麗なる賭け』とか。
Posted by マミイ at 2010年08月20日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。