2010年08月13日

偶然の出会いは必然


親密すぎるうちあけ話 原題:CONFIDENCES TROP INTIMES
製作2004年 フランス 監督:パトリス・ルコント
脚本:ジェローム・トネール
出演:サンドリーヌ・ボネール、ファブリス・ルキーニ


一時期「美人すぎる○○」って流行りましたね。
私はあの言い方は大っ嫌いでしたが。
でも、この邦題はなかなか良いと思いました。

(あらすじ)
税理士のウィリアムの元に美しい女性が現れる。
顧客と勘違いしたウィリアムは部屋に招きいれるが
いきなり夫との夫婦生活の悩みをうちあけられる。
彼女は同じ階の精神科医とウィリアムを間違えて
訪ねてしまったのだ・・・・・。


久しぶりに悪人のいないドラマを見たような気がします。
ウィリアムは真面目が服を着て歩いてるような存在。
彼女に間違ってる事を伝えようとしますが、
口下手なのでなかなか伝えられない。
(少しは下心があるので関係をひきのばしたいし。)
そんな2人の関係がおもしろかったです。

ドラマチックな展開はほとんどありませんが、
一気に見てしまいました。
そしてエロティックな画像もまったく出てきませんが、
サンドリーヌ・ボネールからは品のいいエロさを
感じました。


話をちゃんと聞いてもらえるってとても癒されます。
男性は会話に答えを出したがりますが、
女性は正論を言われると逆ギレする事もありますよ。(笑)
文字通りただ、聞いてくれるだけでいいのです。

ラストも好きです。
偶然この作品に出会ったのですが、
パトリス・ルコント監督って結構好きかも。
この出会いも必然かな・・・。


posted by マミイ at 08:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。