2010年08月03日

一気に魅せる


ウエスタン 英題:ONCE UPON A TIME IN THE WEST
製作1968年 イタリア・アメリカ 監督:セルジオ・レオーネ
脚本:セルジオ・レオーネ、セルジオ・ドナティ
出演:チャールズ・ブロンソン、ヘンリー・フォンダ、
クラウディア・カルディナーレ、ジェイソン・ロバーズ


今度はブロンソンの西部劇です。
やっぱり、よいですわ〜〜〜♪
ブロンソンはステキすぎ、シブすぎ!!!
しびれっぱなしでした。

(あらすじ)
開拓時代のアメリカ。ある駅に一人の男が降り立つ。
男はフランクという男を捜していた。
フランクは非情な男でマクベイン親子を虐殺し・・・。


ブロンソン目当てで観たのですが、
ヘンリー・フォンダが悪役でビックリ!
しかも、けっこ〜〜なワルです。

ブロンソンは・・・・ステキすぎ!
赤いシャツもハーモニカも、
そして今回も序盤は何も語らないところも
何もかも魅力的でした。

2時間30分を越える作品なのですが、
一気にひきこまれてしまいました。
強面のギャングの顔にひたすら蝿がたかっているのにも
様式美を感じました。

ダリオ・アルジェントとベルナルド・ベルトルッチが
『真昼の決闘』や『大砂塵』をみながらプロットを練った
・・・とウィキペディアに書いてあったので、
これらの西部劇もいつか観てみたいと思いました。


posted by マミイ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜、これも未見です。
「ウエスタン」だなんて、直球な・・・。でも、寡黙なガンマン演じるブロンソン、いいですね〜。観たい!

>強面のギャングの顔にひたすら蝿がたかっているのにも様式美を感じました。

顔に蝿!
やっつけがいのありそうな敵さんですね(笑)
Posted by 宵乃 at 2010年08月04日 09:21
宵乃さん、こんにちは。
ちょっと前に「ザ・シネマ」というCSチャンネルで
「その男ブロンソン」という特集があったのです。
全部は録画できなかったのが悔やまれるところです。

己の拳で闘うブロンソンもステキですが、
凄腕ガンマンのブロンソンも好きです。


蝿のシーンはブロンソンを待ち伏せするギャング達だったのですが
うだるような暑さがこちらにも伝わってきました。
Posted by マミイ at 2010年08月05日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。