2010年05月28日

あきれ顔もいい感じ


ダーティハリー3 原題:THE ENFORCER
製作1976年 アメリカ 監督:ジェームズ・ファーゴ
脚本:スターリング・シリファント、ディーン・リーズナー
出演:クリント・イーストウッド、タイン・デイリー


今日もダーティハリー祭り開催中です。
5まで一気に観ちゃう予定です。
今さらながらおもしろいな〜と思ってます。

(あらすじ)
刑事ハリー・キャラハンは強盗犯逮捕をするが
多額の損害を出してしまい人事課へと異動させられる。
そんな折に軍から兵器強奪事件が起き、
ハリーの相棒のフランクが殺されてしまう。
ハリーの新しい相棒は新米の女刑事となり・・・・・。


2と比べるとちょっと軽い感じですが、私は好きです。
こっちの方がみやすいかな。
女性の社会進出がちょうどめざましかった時期なのでしょうね。
女刑事、スカートでがんばってます。
(当時は女性=スカートでパンツスーツなんて
ほとんどなかったのかなぁ。)

守ってあげたくなるような女ではないし、
男なんて!という男とはりあう気満々な感じでもない。
新米女刑事ケイトに好感がもてました。
ハリーが事あるたびに「泣けるぜ・・・。」ってつぶやくのも
おもしろかったです。
半ばあきれつつも、だんだんとケイトの事を認めていくハリー。
なかなかいいコンビでした。


前作もチラッと思っていたのですが
結構無意味に「ポロリ」シーンがあります。
今回も犯人を追い飛びこんだ先がAVの収録現場みたいな
ところでした。
これも時代ですかね〜?(笑)


posted by マミイ at 04:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。