2010年05月26日

オレの流儀で


ダーティハリー2 原題:MAGNUM FORCE
製作1973年 アメリカ 監督:テッド・ポスト
脚本:ジョン・ミリアス、マイケル・チミノ
出演:クリント・イーストウッド、ハル・ホルブルック、
デビッド・ソウル


むか〜し、地上波で放送してた頃は見向きもしなかった
ダーティハリーシリーズ。
今は観たくて観たくてたまりません。
BS-hiチャンネルで現在放送してくれているので
一挙に録画予約しました。

(あらすじ)
犯罪者が何者かによって射殺される事件が頻発。
刑事ハリー・キャラハンは調べていくうちに
ある容疑者が浮かぶが・・・・・。


ハリーかっこいいです!
最初っから最後までしびれっぱなしでした。
セクシーなご近所さんに初対面で「抱いて・・・。」って
言われるのも納得です!?

悪いやつは制裁を受けるべきだけれど、
誰がどこまでするかっていうのは
とっても難しい事だと思います。
ハリーは自分の中でこの線引きがちゃんとできている、
確固とした自分を持っているからこそかっこいいのかも。


posted by マミイ at 01:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

「ダーティハリー」シリーズは全て観たかどうかちょっと怪しいです(^^;が好きな作品です。
やっぱり1作目からマグナムの威力とハリーの渋さに心惹かれました。

2作目の犯人は結構衝撃的で、ある意味普通の犯罪者よりもタチが悪かったと思います。
自分が正義と思っている行動しているところが、とても恐ろしい。
Posted by 白くじら at 2010年06月04日 23:34
白くじらさん、こちらにもコメントありがとうございます。

アメリカには「ダーティハリー症候群」なんて
言葉があるようで、正義のためには
暴力的解決をしてもいいって考えの人をさすらしいです。
「ダーティハリーは何でも銃で解決するわけじゃないぞ!」って
世間に対するダーティハリー製作者側からの
反論なのかもしれませんね。
Posted by マミイ at 2010年06月06日 05:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。