2010年05月03日

ある日突然襲われる恐怖


鳥 原題:THE BIRDS
製作1963年 アメリカ 監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ダフネ・デュ・モーリア
脚本:エバン・ハンター
出演:ティッピー・ヘドレン、ロッド・テイラー、
スザンヌ・プレシェット、ジェシカ・タンディ


超有名な映画です。
(・・・って私は初めて観たのですが。)
観終わった後は、実際に窓にうつった鳥の影にさえも
思わずビクッとしてしまいました。

(あらすじ)
メラニーはペットショップで出会った男性ミッチが気になり、
彼の実家があるボデガ・ベイへ行く。
突然メラニーは1羽のかもめに襲われ・・・・。


『ミスト』や『ハプニング』みたいに
ある日突然襲われるパニック映画です。
それが60年代に作られ、しかも襲うのが身近にいる鳥だというのが
とってもすごいです。
鳥の大群がいるだけで、ただそれだけで怖いのです。

それ以外は・・・・メラニーとミッチ
2人の出会いからしてよくわからないし、
お互いに惹かれあうのもよくわかりません。
そして鳥がなぜ襲うようになったのかも結局解明されていません。
(まあ、これはこれでいいと思いますが・・・。)

中盤はグイグイひきこまれますが、
私がヒッチコックをいまいち好きになれないのは
終わり方のせいだと思います。
他の作品を観た時も思ったのですが、
これで終わり!?って感じの終わり方なのです。
お笑いとかもオチがはっきりしてる方が私は好きなのです。
上から目線ですみません。


posted by マミイ at 23:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。