2010年03月17日

人の言う事はあてにならない


羅生門
製作1950年 日本 監督:黒澤明
原作:芥川龍之介
脚本:黒澤明、橋本忍
出演:三船敏郎、京マチ子、志村喬


ポール・ニューマン出演の『暴行』という映画がおもしろかったので、
元ネタとなった本作がとっても観たかったのです。
題名は『羅生門』だけど、小説は『藪の中』が原作だそうです。


(あらすじ)
豪雨の羅生門で杣売りと旅の僧が雨宿りをしている。
後から下人が加わり、しきりと「わからぬ」とつぶやく彼らから
ある事件について話を聞くのだが・・・。


盗人の多襄丸、手篭めにされた貴族の女、殺された夫の霊による
言い分が聞かされますが、全部状況が微妙に違うのです。
だから杣売りと僧は頭をかかえてしまったのですが、
彼らの誰かが嘘つきで一人だけが真実を語っているのでしょうか?
そもそも、真実とは一体なんなのか???
それを考えると「わからぬ」という事になると思います。

人間、誰しも嘘をつこうとしなくても、
事実を歪めて・・・というと言葉は悪いですが
自分の良いように解釈してしまうものだと思います。
出来事の細かい部分まで覚えている人間なんて皆無と思いますし
人の証言だけでは事件は解決できないと思いました。

人間は過ちを犯すし、どうしようもないのかもしれませんが
それでも捨てたもんじゃないなと思わせてくれる
ラストがよかったです。


posted by マミイ at 22:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>人間、誰しも嘘をつこうとしなくても、
>事実を歪めて・・・というと言葉は悪いですが
自分の良いように解釈してしまうものだと思います。

ウソをつく人もいますよ〜。

>出来事の細かい部分まで覚えている人間なんて皆無と思いますし

異常に覚えている瞬間というモノがありますが、それさえも時間が経つとどうなんだろう?と思えますよね。

>それでも捨てたもんじゃないなと思わせてくれる
>ラストがよかったです。

本当に良かったですね♪
Posted by miri at 2011年08月29日 15:42
miriさん、こんにちは。

嘘をつく人ももちろんいますけど、
自分は嘘をついている自覚がなくっても
ちょっとした勘違いや思いこみで
出来事を「歪めて」とらえてしまう人がいます。
割と身近にいるので・・・^^;

目撃証言って当てにならないらしいですね。
テレビの実験なんかで犯人の服装も人相も
ほとんど覚えていない人が多かったように記憶しています。
(私も実際にやってみましたが、全然覚えていませんでした^^;)


記憶も難しいですよね。
本当にちゃんと覚えている事もあるけれど、
想い出が美化されたりして事実と変わってる事もありますね。
そういえば、小学校の遊具を大きくなってから見た時に
もっと大きいと思っていたのに!とビックリした事があります。
Posted by マミイ at 2011年08月29日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2−1196 羅生門 
Excerpt: (ブログ DE ロードショーってこういう企画です) 羅生門 1950年・日本 8月中旬 ムービープラス  監督 黒澤明 主演 三船敏郎?まぁスター..
Weblog: 映画鑑賞の記録
Tracked: 2011-08-29 08:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。