2010年02月22日

全然違うからこそ


女は女である 原題:UNE FEMME EST UNE FEMME
製作1961年 フランス・イタリア 監督:ジャン=リュック・ゴダール
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
出演:アンナ・カリーナ、ジャン=ポール・ベルモンド、
ジャン=クロード・ブリアリ


ゴダールって名前はよく聞くけれど、実はあんまりよく知りません。
内容も難しいのが多いし。
今回は割と気楽に観れました。
アンナ・カリーナがかわいかったし。

(あらすじ)
エミールとアンジェラは同棲中のカップル。
アンジェラは子どもが欲しいが、エミールは欲しくないという。
お互いに意地っ張りな二人は・・・・・。


基本的には他愛のないお話です。
でも、アンジェラがかわいいからついつい観ちゃいます。
編集など色々と実験的手法が使われてるらしいですが、
そんなのには気づかなくとも楽しく観れました。

男と女って自分とは違う存在だからこそお互いに惹かれあい、
相手の気をひこうと一生懸命になっちゃうんでしょうね。
服装や小道具の使い方がオシャレで
フランスってやっぱオシャレだわ〜と感心しました。


posted by マミイ at 09:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。