2010年02月05日

ヒトは変われるか


ウェディング・クラッシャーズ 原題:WEDDING CRASHERS
製作2005年 アメリカ 監督:デビッド・ドブキン
脚本:スティーブ・フェイバー、ボブ・フィッシャー
出演:オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン、
レイチェル・マクアダムス、アイラ・フィッシャー


アメリカってあんなに簡単に他人のパーティに
紛れこむ事ができるんでしょうか?
(一応下調べはして行ってるみたいですけど。)
日本じゃできないよな〜と思いながら観てました。

(あらすじ)
ジョンとジェレミーは全く見知らぬ人の結婚式にもぐりこみ
そこで出会った女性と一夜を共にする
自称「ウェディング・クラッシャーズ」をしていた。
ある日ジョンは財務長官のパーティで娘のクレアと知り合い
本気の恋に落ちてしまう・・・・・。


もぐりこんだ後も隅っこでコソコソしてるんじゃなく、
堂々とメインでスピーチしたりと、とっても上手に潜入してるのが
おもしろかったです。
しかし、ヤル気満々だった人間が、そんな簡単に
改心しちゃうもんなのでしょうか?
超人見知りの激しい私はその場で出会った人と意気投合して
・・・・・なんて、経験は皆無だし
合コンすら行った事がないからよくわかりませんが。

まあ、それほどクレアがステキな女性だったと言う事かしら。
クレアの家族は主役を食うほどの「濃さ」がありましたが。
私はクレアよりも妹のグロリアの方が好きですね〜。(笑)
アイラ・フィッシャーかわいかったです。

いっちゃってる、といえばノンクレジットで
ウィル・フェレルが出てます。
ほんのちょこっとだけですけど。
オーウェン・ウィルソンは恋に目覚めちゃったので
あんまり笑いどころは少なかったように感じました。

コメディというよりはロマンス・・・・でも、
そんなに甘くはない、どっちつかずで
ちょっぴり残念でした。
ラストはよかったんですけどね。


posted by マミイ at 10:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。