2009年12月13日

下を向いてばかりじゃ


めまい 原題:VERTIGO
製作1958年 アメリカ 監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ピエール・ボワロー、トーマス・ナルスジャック
脚本:アレック・コッペル、サミュエル・テイラー
出演:ジェームズ・スチュワート、キム・ノヴァク


ヒッチコック監督のミステリーです。
ミステリアスな謎多き美女って魅力的ですね。

(あらすじ)
ジョンは同僚を死なせてしまったショックで
極度の高所恐怖症になり、警察をやめてしまう。
そこへ学生時代の友人から彼の妻マデリンを
見張ってほしいという依頼を受ける。
尾行を続けるうちにマデリンに惹かれていったジョンは・・・。


マデリンは謎があって非常に美しいです。
ジョンが惹かれていくのもわかるような・・・。
また、タイトルにもなっている高所恐怖症による「めまい」
この映像がすっばらしいです。
私は高所恐怖症ではありませんが、
目のくらむような映像を体感できました。

でも、マデリンを愛しすぎたからでしょうか、
後半のジョンの行動は完全に常軌を逸していたように思います。
(まあ現実世界にもこんな強引な人はいますけど・・・。)
全てにおいてありえない設定続きで、
私的にはちょっとひいちゃいました。


下や過去を向いてばかりじゃなく、未来を見てたら
きっとラストは変わったんでしょうねぇ・・・・。


posted by マミイ at 23:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。