2009年11月13日

密室から外へ・・・


ソウ2 原題:SAW 2
製作2005年 アメリカ 監督:ダーレン・リン・バウズマン
脚本:ダーレン・リン・バウズマン、リー・ワネル
出演:ドニー・ウォールバーグ、ショウニー・スミス、トビン・ベル


前に観た時は「1」の記憶がほとんどなかった状態だったのですが
改めて見直してみると、(特に終盤が)おもしろかったです。
やっぱ、続き物は続けてみた方がいいですね。

(あらすじ)
連続殺人犯ジグソウがついに逮捕された。
しかし、今も別の場所で「ゲーム」の真っ最中。
監禁されている8人の中にはジグソウを逮捕した
刑事エリックの息子ダニエルもいて・・・・・。


ジグソウとの知恵比べとして観たら
もうつかまっちゃってるし、余命もそれほどないので
そんなに見ごたえはないように感じます。

密室というドキドキ感はなくなってしまったけど
(それでも屋敷からは逃げ出せないけれど)
その分「痛〜〜〜い感」はパワーアップ!
私、先端恐怖症なので注射器を観れません^^;


主人公のエリックと同じように
あんまり物を考えないで観た方がおもしろいかも。
伏線はところどころに張られているので
勘のいい人は途中でわかるかもしれません。
でも、あえてゲームにひたっておいて
後で「やられた!」と思うのも、おもしろいですよ。


posted by マミイ at 11:53| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ホラー・パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、マミィさん。

確かに続きモノは連続で観ないと面白みに書ける場合がありますよね。私も5、6を観るときに観直してみようかな。(^^)

モニターの件はすっかり騙されてしまいました。
注射器のシーンは恐いですね。身近なもの、そして簡単なもので痛い目にあうほど嫌なものはありません。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2009年11月15日 12:54
白くじらさん、こんにちは。

一つ一つは一応独立しているのですが、
場面や登場人物など
きちんと前作を引き継いでいる部分もあるので
続けて観たほうがおもしろい映画ですね。

注射器・・・は考えただけで
目の奥が痛くなってしまいます(>_<)
身近なものの方がよりリアリティが感じられて
怖さが倍増しますね。

こちらこそ、トラックバックありがとうございます。
Posted by マミイ at 2009年11月15日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ソウ2
Excerpt: 人間パズルに不可欠な、生存本能の欠如だ。 2005年(SAW2) 製作国:アメリカ 監督:ダーレン・リン・バウズマン 製作総指揮:リー・ワネル、ジェームズ・ワン 製作: 原案: 脚本:ダーレン・リン..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2009-11-15 12:48

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。