2009年10月22日

いつか、こんな日が来ても


きみに読む物語 原題:THE NOTEBOOK
製作2004年 アメリカ 監督:ニック・カサヴェテス
原作:ニコラス・スパークス
脚本:ジャン・サルディ、ジェレミー・レヴェン
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、
ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー


『私の中のあなた』がよかったので、
同じ監督さんの作品を観ることにしました。

(あらすじ)
療養施設に暮らしている認知症の女性のもとへ
ある物語を読み聞かせに通う老人デューク。
そのお話は田舎の青年ノアとお金持ちの都会の女性アリーの
愛の物語であった・・・・・。


私自身がジジババに主に面倒を見てもらっていたせいか、
こういうご老人が出てくる映画って好きです。
(今はもうやっていませんが、)仕事柄家族以外の認知症の方に
会う機会は何度もありましたが
やっぱりこうやって「つながる」時は何度か経験があります。

よく考えるとお金持ちの箱入り娘っぽいワガママさというか
身勝手さが見えるときもありますが、
よくできたラブストーリーだと思います。

ここからはちょっとネタばれになるのですが・・・・・









若者の恋愛話だけで終わらないのがよかったです。
ちょうど長門裕之さん、南田洋子さんご夫妻が重なりました。
年を取っても全てを忘れても愛し、愛される存在になりたいです。


posted by マミイ at 13:10| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

この映画の題名は、そんな意味があったのか…と観るとそう気づかせてくれた良い作品ですね。

老人ホ���ム?の様な施設で初老の男性が一人の女性に一組の男女の恋愛の物語を語っていく内に…という内容でしたね。
Posted by かのな at 2012年01月19日 11:25
かのなさん、こんにちは。

ありきたりな物語の朗読でないところがよかったです。
原題はただのノートブックなんですよね。
それもまた、シンプルでいいタイトルだと思いますが、
観ようとは思わないかもしれないから^^;
良い邦題だと思います。
Posted by マミイ at 2012年01月19日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。