2009年10月21日

精一杯生きる姿に感動


私の中のあなた 原題:MY SISTER'S KEEPER
製作2009年 アメリカ 監督:ニック・カサヴェテス
原作:ジョディ・ピコー
脚本:ジェレミー・レヴェン、ニック・カサヴェテス
出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、
アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、
ソフィア・ヴァジリーヴァ


久しぶりの映画館です!(嬉)
せっかく映画館に行ける暇ができたというのに
実はコレ以外はそんなに今観に行きたいものがないんですよねぇ。
本作は期待通りでした。

(あらすじ)アナは白血病の姉ケイトの命を救うために
遺伝子操作で生まれてきた。
慢性腎不全となったケイトの為に腎移植を求められたアナが
11歳で母のサラを訴えたが・・・・・。


我が子が重い病に冒された時、親としては
なんとしても命を救いたいと思います。
(っていうか、熱が出ただけでも胸がはりさけそうになります。)
自分がそういう状況におかれた場合、
私もサラと同じことをしたかもしれません。

ケイトの為にアナを生んだといっても、
家族がアナを「道具」とみなしているわけではありません。
アナは母や姉、家族を愛し、
家族もアナを愛している事はすごくよくわかりました。

親は誰だって子供を愛しています。
でも子供たちを平等に扱う事はとっても難しい事です。
年齢も性格も違う子どもたちを
同じように扱う事が平等とは言えないからです。
フィッツジェラルド家ほど複雑でなくても
例えば運動会が重なってどちらを優先させるか、など
人生においてどちらかを選ばなくてはいけない状況というのは
誰にでも起こりうる事だと思います。


私は難病を売り物にした?お涙頂戴的な映画は
どちらかというと苦手なのですが、
若い娘さんが死ぬから悲しい、切ないのではなくって
死ぬとわかっていて覚悟を決めた強い姿に感動しました。
我が子って変な言い方ですが、いつまでも子供だ子供だと
思っていても、いつのまにか成長しているんですね。
ソフィア・ヴァジリーヴァの熱演がすばらしかったです。


原作は映画とはラストが違うらしいです。
ちらっとネットで調べてみたけど、ビックリでした。
私は映画版の方がいいかなぁ・・・。
まあ、機会があれば読んでみたいです。


posted by マミイ at 05:12| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント&TBありがとうございました!
原作の終わり方とは違っていたんですか。とてもすんなり入ってきたので、違和感なんてなかったです。
ケイトやその家族のような状況にある、あった人々はたくさんいるんですよね…。彼らの気持ちがわかるとは言えないけど、わかろうとする、知ろうとする機会を与えてくれた作品でした。
家族愛に溢れてたと思います!
Posted by 宵乃 at 2012年07月12日 11:53
宵乃さん、こんにちは。

>原作の終わり方とは違っていたんですか。
>とてもすんなり入ってきたので、違和感なんてなかったです。
この映画の終わり方はとってもよかったですよね。
原作はどうだったのか、すっかり忘れてしまいましたが(^^;
結局読まずじまいです。

>彼らの気持ちがわかるとは言えないけど、
>わかろうとする、知ろうとする機会を与えてくれた作品でした。
その時になってみなければ、
自分がどんな選択をするかはわからないけれど
こういう描き方をしてくれると
自然に考える事ができていいですよね。

次こそは「カイル君」をちゃんと意識して
再見しようと思います!
Posted by マミイ at 2012年07月12日 19:21
はじめまして。
マミイさんのお名前は宵乃さんのブログで拝見していたのですが、なかなか伺う機会がなくて、今日やっとコメントとTBをさせて頂きました。

>私は難病を売り物にした?お涙頂戴的な映画は
どちらかというと苦手なのですが、若い娘さんが死ぬから悲しい、切ないのではなくって死ぬとわかっていて覚悟を決めた強い姿に感動しました

同感です!

私は子育て卒業しましたが(?)今になると嘘みたいな日々でした。昨日は社会人になった息子2人に会って、本当にこの子らは私が産み育てたのだろうかと思ってしまったほどです。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by bamboo at 2012年07月17日 18:35
bambooさん、いらっしゃいませ!
コメント&トラックバックありがとうございます。
私もbambooさんのお名前はよく目にしているので
はじめましての感じがありません。

>同感です!
共感してくださって嬉しいです♪

>昨日は社会人になった息子2人に会って、
>本当にこの子らは私が産み育てたのだろうかと
>思ってしまったほどです。
おぉ、きちんと子離れ、親離れができているんですね。
すごいです。
私はどうなるのやら・・・(^^;

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by マミイ at 2012年07月18日 05:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

私の中のあなた 2008-47
Excerpt: 白血病を患う姉ケイト、姉のドナーとして生まれてきたアナ。或る日、 そんなアナがドナーであることを拒否し、裁判所に両親を訴える訴訟 を...
Weblog: 悠久の華美
Tracked: 2009-10-25 19:14

映画「私の中のあなた」観ました
Excerpt: 製作:アメリカ’09 原題:MY SISTER'S KEEPER 監督:ニック・カサベテス 原作:ジョディ・ピコー ジャンル:★ドラマ白血病の娘ケイトを救うため、遺伝子操作によってドナーの..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2012-07-12 10:04

『私の中のあなた』をDVDで観ました
Excerpt: あらすじ: 白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてき..
Weblog: 晴山雨読ときどき映画
Tracked: 2012-07-17 18:21

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。