2009年10月02日

そこはかとなく優雅

レディL 原題:LADY L
製作1965年 イギリス 監督:ピーター・ユスティノフ
原作:ロマン・ギャリー
脚本:ピーター・ユスティノフ
出演:ソフィア・ローレン ポール・ニューマン、
デヴィッド・ニーヴン


ポール・ニューマンが出てるからということで観たのですが
監督は灰色の脳細胞、エルキュール・ポワロ役でおなじみの!?
ピーター・ユスティノフでした。

(あらすじ)
皆から「レディL」と呼ばれ親しまれている公爵夫人の
伝記を書こうと、彼女の80歳の誕生パーティー後に
詩人のパーシー卿が依頼する。
レディの口から出た彼女の遍歴は驚くべきものであった・・・。


ソフィア・ローレンがすっごくキレイでとても気品がありました。
もとは娼館の洗濯女なのですが、どことなく気高いのです。
恋人のアナーキストがポール・ニューマンでしたが、
残念ながらそんなに出番はありませんでした。

アナーキストのため、警察に追われ逃亡生活を送るのですが、
逃げるシーンもどことなく優雅。
全体的にゆったりして、ゲラゲラ笑う事はないけれど
ニンマリと笑ってしまうような映画でした。


posted by マミイ at 22:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。