2009年09月26日

多くの言葉はいらない


E.T. 原題:E.T. THE EXTRA-TERRESTRIAL
製作1982年 アメリカ 監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:メリッサ・マシスン
出演:ヘンリー・トーマス、ドリュー・バリモア


公開当時、7歳の時に親に映画館に連れて行ってもらいましたが、
子供たちが自転車で空を飛んでるのと、
自分の親が泣いてるのを見て「大人なのに泣いてる〜!」ぐらいの
印象しか残っていませんでした。
自分が親と同じような年齢になって観なおした今
・・・・・・・ラストは泣いてました。

(あらすじ)
遠い宇宙からやってきた謎の生物。
ある晩エリオット少年は庭の物置でその生物と遭遇する。
初めは恐れおののくエリオットであったが・・・・・。


E.T.とエリオットの交流が素晴らしいです。
最初は驚いたものの、偏見なくE.T.と友達になれるエリオット。
大人だと、こうはいきませんよね。

私は泣いちゃったんですが、なんで泣いたかを後で考えても
実はよくわかんないんです。(笑)
種族など関係なしに心をわかちあえる友ができたとしても
故郷に帰りたいという思いは捨てきれないものなのでしょう。
考えてみるとそんなに多くの時は過ごしていないはずなのですが
それでも別れのシーンは胸をうちました。


私が観たのは20周年アニバーサリー特別版でしたが、
未公開シーンを加えたり、E.T.の表情に変化をつけ
子供たちを追いかける警官の銃を無線に変えたり
しているそうです。
銃の変更については賛否両論あるそうですが、
私は変えてよかったと思います。
罪のない子供たちに銃を向ける、見せるのはよくないと思います。
映画の中の子供たちだけでなく、
映画を見ている子供たちに対しても。


posted by マミイ at 22:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。