2009年09月09日

面白冒険活劇


侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦
製作2009年 日本 監督:中澤祥次郎
原作:八手三郎
脚本:小林靖子
出演:松坂桃李、相場弘樹、高梨臨、鈴木勝吾、森田涼花、伊吹吾郎


今回も上映終了間際の駆け込みでした。
最近、なかなか映画館に足を運ぼうと言う気になれません。
でも、行って良かったです!

(あらすじ)
シンケンジャーは強大な敵クサレ外道衆に苦戦していた。
初代シンケンレッドが使っていた秘伝ディスクのありかを
見つけたシンケンジャー達は巻き返しをはかるが・・・・。


今年の戦隊モノは「和」がテーマです。
始まる前はそのいでたちやらが変に見えて
少し敬遠してたのですが、休み中にBS朝日で一挙放送みたら
すぐにはまっちゃいました。
元々私は子供の頃から時代劇好きだったので
こういうテイストがすごく好きなのです。

一部地域で3D上映だったらしく
(残念ながら私たちが観たのは2Dでした。)
上映時間は20分と短めでしたが
とても勢いがあっておもしろかったです。
(秘伝ディスクの恐竜が縦横無尽に敵を討つところは
3Dで観てみたかったです。)

敵の脂目マンプクの声が大和田伸也さんで
本編にも出てくるシンケンジャーを見守るジイが伊吹吾郎さん、
シブい人選だなぁと思ってパンフレットを見たら
初代シンケンレッド役の人も『水戸黄門』の格さん役で
格さんそろい踏みの映画なのでした。
そういう心づかいが随所にあるから(セリフ回しとかね)
シンケンジャーはおもしろいのです!


エンディングも画面から出演者たちがこちらに向かって
「一緒に歌おう!」って言ってくれるのですが
うちの子達は一生懸命歌っていて、最後もまたね〜!と
スクリーンに向かって手を振ってました。(笑)
終わった後「もう一回観たいな〜。」と言ってたので
楽しんでもらえて何よりでした。


posted by マミイ at 06:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。