2009年07月22日

光り輝く若さに対する憧れ


ロリータ 原題:LOLITA
製作1961年 イギリス 監督:スタンリー・キューブリック
原作:ウラジミール・ナボコフ
脚本:ウラジミール・ナボコフ
出演:ジェームズ・メイソン、スー・リオン、ピーター・セラーズ


お正月ぐらいに録画してたんですが、なんとなく観る気になれず
HDD内にて眠っていた作品です。
恋愛映画の範疇に入るんですかね〜、やっぱり。

blogram投票ボタン
(あらすじ)
大学の講師になるために渡米してきたハンバートは
下宿先の娘ロリータに心奪われる。
ロリータと離れたくないと思ったハンバートは
ロリータの母と結婚までするが・・・・・。


製作された年代が'60年代だからでしょうか、
そんなにエロさは感じなかったです。
少女に対する熱情とか嫉妬心とかはリメイク版のほうが
感じられたような・・・。
(まあ『アイズ・ワイド・シャット』も欲情を感じるような
エロさではなかったので、私とキューブリック監督とは
そういう尺度が違うのかもしれませんが。)

ロリータはかわいかったけれど、そんなに小悪魔的な部分はなく
ハンバートがそこまでロリータに執着する理由が
あまりわかりませんでした。


私はどちらかというと包容力のある年上好みだったのですが、
さすがにこの年になると、若者だけが持つ特有の
はじけるようなパワーをうらやましいと思うようになりました。
みんなが20歳前後のイケメン俳優に夢中になるのが
やっとわかりました。(笑)

事の顛末を語ってしまうのはヤボですが、
出会った頃のの光り輝くような美しさとは対照的に
ラストの所帯じみたロリータには輝きはなく
違いに少しビックリしました。
ハンバート自身がそう感じていたのかもしれません。


blogram投票ボタン


posted by マミイ at 04:27| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。