2009年07月17日

勝者とは、


レーサー 原題:WINNING
製作1969年 アメリカ 監督:ジェームズ・ゴールドストーン
脚本:ハワード・ロッドマン
出演:ポール・ニューマン、ジョアン・ウッドワード、
ロバート・ワグナー


ポール・ニューマンはプライベートでもレーサーだったので
(ウィキってみたら、この映画の出演後レーサーとして
プロデビューしたそうです。)
彼の笑顔を見ると車が好きなのだなぁというのが伝わってきました。

blogram投票ボタン

(あらすじ)
フランク・キャプアはレースドライバー。
エローラという女性と知り合い結婚するが、
インディ500レース開始直前に妻が親友でありライバルでもある
アーディングと浮気している場面に遭遇し・・・・・。


お話は私にはちょっとわかりづらかったです。
登場人物の年齢設定や時間がどれくらい過ぎているのか、
出会って結婚するまで、浮気からレースが開催されるまでに
どれほどの時間が経っているのかほとんどわかりませんでした。

レースという厳しい世界で生き抜くため、勝ち抜くためには
ライバルのアーディングぐらい強引な方がいいんではないかなぁ。
(ロバート・ワグナーかっこいいです。実は結構好きです。
『オースティンパワーズ』のナンバーツーです。)

お話がちょっとできすぎてるようにも思いました。
でも、レースに勝つことより、人生に勝つことを選んだ
フランクの選択は悪くないと思います。
・・・・・・そうか、邦題が「レーサー」だから
ちょっとしっくりこなかったのかな。
もちろん、レーサーが主人公の映画なのだけれども
レース以外の世界のことも重きにおいていたから。


ポール・ニューマンとジョアン・ウッドワードの
雰囲気がすごく素敵だったのですが、
実生活でもおしどり夫婦だったそうです。
こういう空気感は演技では出せないかも。
前にNHKでドキュメントを見ましたが、
本当に年をとってからもラブラブでうらやましかったです。

ところで、役名がフランク・キャプアなのですが、
往年の名監督フランク・キャプラからとったんでしょうか?


blogram投票ボタン


posted by マミイ at 05:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レース・カーアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。