2009年07月13日

小粋な泥棒たち


黄金の七人 原題:SETTE UOMINI D'ORO
製作1965年 イタリア 監督:マルコ・ヴィカリオ
脚本:マルコ・ヴィカリオ、マリアノ・オゾレス、ノエル・ギルモア
出演:フィリップ・ルロワ、ロッサナ・ポデスタ


60年代のファッションって今見るととってもカワイイです。
音楽もすごくよかったし、軽いノリで観れる泥棒映画です。

blogram投票ボタン
(あらすじ)
「教授」と呼ばれるアルベールはジョルジャという美女とともに
ジュネーブのスイス銀行近くのホテルに入った。
実は彼は泥棒一味のボスで6人の男たちに指示を与え
銀行の金塊を盗もうとしているのだが・・・・・。


ジョルジャがすごくキレイです。
意味なく!?何度も衣装を変えるのもステキです。(笑)
「ルパン3世」はこの映画の影響を受けているのだとか。
・・・・・確かにフジコちゃんっぽかったです。

オーシャンズ11もそうですが、多人数になっても
結局目立つのは数人しかいないんですよね。
6人は名前が出てきたものの、まったく覚えることなく
終わってしまいました。
「ルパン3世」が3人組(プラス1)っていうのは
すごくいい組み合わせなんだと思います。
でも、実際に金の延べ棒を盗もうとすれば
(今回はなんと7トンも盗んじゃうんですよ。)
確かに大人数じゃないとできないですよね・・・・。

blogram投票ボタン


posted by マミイ at 16:51| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント&TBありがとうございました!
やはり「ルパン三世」の洗練された組み合わせには敵いませんよね〜。6人の中で印象に残ったのは、強面なんだけど教授に心酔して目がキラキラしているおじさんと、しょっちゅうジョルジャを目で追ってる軽率な青年くらいかな。
オシャレで楽しい映画でした♪
Posted by 宵乃 at 2011年02月02日 11:45
宵乃さん、こんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございます。

6人組、いまだに誰が誰だか・・・・
さっぱり思い出せません。(汗)
次回放送があれば再見して、
今度こそ彼らをジックリみてみたいです。
まずは宵乃さんの印象に残った人から注目します!
Posted by マミイ at 2011年02月02日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「黄金の七人」観た
Excerpt: 製作:イタリア’65 原題:SETTE UOMINI D'ORO(英語:SEVEN GOLDEN MEN) 監督:マルコ・ヴィカリオ ジャンル:★犯罪/コメディ銀行の真向かいにあるホテルの一..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2011-02-02 09:27

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。