2009年07月11日

こんな先生がいてほしい

いつも心に太陽を 原題:TO SIR, WITH LOVE
製作1967年 イギリス・アメリカ 監督:ジェームズ・クラベル
原作:E・R・ブレイスウエイスト
脚本:ジェームズ・クラベル
出演:シドニー・ポワチエ、クリスチャン・ロバーツ、
ジュディ・ギーソン、ルル


日本の学園ドラマは暑っ苦しいくらいの熱血教師が定番ですが、
シドニー・ポワチエはクールなんだけど
すごくいい先生で憧れました。


(あらすじ)
サッカレーは就職口がなく、仕方なく教師になった。
受け持ったのは問題ばかり起こす生徒ばかりのクラス。
初めての教鞭で戸惑うばかりのサッカレーであったが・・・。


教職は次の仕事までのつなぎ、という意識があるからか
結構クールな先生なのです。
でも、投げやりではないのです。

人の信頼を得るためにはまず、こちらから
相手を信頼しなければいけないのかも。
なかなか難しいことですよね。
いつまでも子ども扱い、ガキ扱いでは成長できないのです。
一人前として扱われてこそ大人という自覚が生まれるのかも。

少しずつ変わっていく先生と生徒の関係、
こちらの心もゆっくりと温かくなっていきました。


服装や歌、ダンスは60年代バリバリです。
でも、だからこそ今見るといい感じなのかも。
原題と同じ「TO SIR, WITH LOVE」という曲は
すごく素敵でした。



posted by マミイ at 02:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。