2009年07月04日

イチゲンさん、オコトワリ?


エヴァンゲリヲン新劇場版 序
製作2007年 日本 監督:摩砂雪、鶴巻和哉
総監督:庵野秀明
原作:庵野秀明
脚本:庵野秀明
声の出演:緒方恵美、三石琴乃、林原めぐみ


言うまでもなく、大ヒットしたアニメの劇場版です。
続き物なので今回はアニメ放映された話の途中まででした。
全四部作らしいです。

(あらすじ)
内向的な14歳の少年碇シンジは、3年ぶりに父と再会するために
上京する途中で巨大な謎の物体の襲撃を受ける。
強力な爆弾でも倒すことのできない「使徒」と呼ばれる敵、
シンジは父から巨大なヒト型兵器エヴァンゲリオンに乗って
使徒と戦うよう命令されるが・・・・・。


私はエヴァはアニメ版だけは全部見て、漫画も集めてます。
・・・・・・でも、そんなに思い入れはないのですが。(笑)
アニメ版の最後はよくわからなかったので、
続きである他の映画版には手を出していなかったのです。

本作はアニメ版にほぼ忠実な話でした。
「再構築」らしく、ちょこちょことその時には
出てなかったキャラやエピソードが盛り込まれてました。
ファンは違いを楽しめると思いますが、
違いが少なすぎて退屈する人もいるかもしれません。
説明が少ないので初めて観る人は展開が急と思うかも。
なかなか難しい立ち位置の作品だと思いました。


2作目の「破」はオリジナルなお話らしいので
ちょっと気になってます。
・・・・・でもきっと、3作目が公開される前に
地上波で放送されるのを観る事になるんだろうなぁ。


blogram投票ボタン


posted by マミイ at 07:10| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ・特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マミイさん、こんにちは
今年で最初のコメントです、挨拶が遅くなってすいません。

今は色々な情報とか謎を小出しにして
クライマックスに連れて明らかになっていくというタイプの作品
が人気な気がします。
アニメのほかにもドラマの「LOST」や「フリンジ」とか
映画だと「インセプション」もそんな感じかな

エヴァは、その系統のまさにハシリだなっていう印象を持ってて
取っ付きにくそうっていう先入観はありましたね。

それにしても物語の舞台の2015年ってもうすぐですね(笑)
近未来とはいえ放映当時はまだまだ先って感じだったのかなぁ
Posted by バーンズ at 2013年01月19日 11:59
バーンズさん、こんにちは。

>今年で最初のコメントです、挨拶が遅くなってすいません。
いえいえ、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

>今は色々な情報とか謎を小出しにして
>クライマックスに連れて明らかになっていくというタイプの作品
>が人気な気がします。
そういわれればそうですね。
『LOST』は全部観たのですが、途中はもりあがったのですが
最後はビミョ〜でした(^^;

Youtubeで「エヴァがわかる動画」というのを見て
初めて設定の奥深さを知りました。
とはいえ、「破」以降まだ観てないのですが・・・。

>それにしても物語の舞台の2015年ってもうすぐですね(笑)
>近未来とはいえ放映当時はまだまだ先って感じだったのかなぁ
本家のアニメは95年放送ですよね。
この頃私はまだ大学生でした。
ノストラダムスも2000年問題もまだまだ先の話で
2015年ってホントに未来の話だと思っていました。笑
当時は携帯電話とパソコンがここまで普及するとは思っていませんでした。
Posted by マミイ at 2013年01月19日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

今更、録画していたエヴァンゲリオンを見た
Excerpt: 新年最初のレビューがこれというのも意外に思われるかもしれませんが ていうか、ほんと今更ですよね。 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 2007年 日本映画 総監督・原作・脚本・音..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2013-01-19 12:00

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。