2009年06月26日

好い加減にいいかげん


キスキス、バンバン L.A.的殺人事件
原題:KISS KISS, BANG BANG
製作2005年 アメリカ 監督:シェーン・ブラック
原作:ブレット・ハリデイ
脚本:シェーン・ブラック
出演:ロバート・ダウニー・Jr、バル・キルマー、
ミシェル・モナハン


ジョエル・シルバー製作のクライム・コメディでやんす。
いい感じのテキト〜さが肩肘はらずに観れて楽しかったです。

(あらすじ)
NYでこそ泥をしていたハリーはひょんな事から
LAで俳優をする事になった。
役作りのため紹介されたのはゲイ・ペリーと呼ばれる私立探偵。
(もちろん本物のゲイ。)
ハリーは行く先々で死体を発見し・・・・・。


やっぱ、ダウニーさんはいいです。
アラフォーなんですが、実に!かわいらしい!!(笑)
ダメ男な役なんですがねぇ・・・目が離せないです。
そんなダウニーさんのぬる〜いナレーションで始まるこの作品、
終始ぬる〜い感じで私は好きです。

ミシェル・モナハンもすんごいキュートでした。
かなりの勝気だったけど、スタイル抜群ですね。
見えそで見えない、でもやっぱり見えてるって所がステキでした。


ストーリー的にはラストはまあお約束・・・・・いや、
お約束以上の反則技!?
そんなバカな〜と思いつつも、まあいっか、と
思えてしまうのがこの作品の良さなのかも。

監督さんは元々脚本家で『リーサル・ウェポン』とか
『ラスト・アクション・ヒーロー』、それに
『ロング・キス・グッドナイト』の脚本を書いた人です。
私、この人の作品嫌いじゃないです。
・・・・・っていうか、・・・・・・好き。


blogram投票ボタン


posted by マミイ at 00:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。